大切な仲間

12月も中盤!
そろそろ忘年会などで賑わう時期ですね。
マテリアルワールドのオフィスがある、ここ赤坂でも夜になるとかなりの人で、特に金曜日は凄いことになっています。
独立起業してからというもの、ほとんど忘年会というものに縁遠い生活を続けている僕ですが、それでも時々、学生時代の友人や、親しい仲間と楽しい時間を過ごすこともあります。
先日も、大学時代のある友人と久しぶりに楽しい時間を持ちました。
僕は、東京都立大学(現在の首都大学東京)の建築学科の出身なのですが、大学名の割に?!規模が小さく、1学年の人数が40人ほど、クラスも1つで、ほとんどすべての授業やカリキュラムを一緒に過ごします。
そんなこともあって、クラスメートとの絆は強く、今でもお互いの情報交換をしたり、時には一緒に仕事をさせてもらったりと、卒業して17年を過ぎても学生の頃と変わらない大切な仲間ばかりです。
自分たちの意識の中では“変わらない”“変わっていない”のですが、学生の頃、ものすごく「おじさん・おばさん」に感じた40代に自分たちも到達し(苦笑)、気がつけばそれぞれに責任のある立場にいたりします。
仲間のほとんどが建築業界にいるのですが、「同級生」という絆はもちろんあっても、お互い建築に携わるプロとして、設計や商品の事については妥協しません。
いい意味で刺激し合えるストレートに話のできる関係であり、先日も建築談義を熱く語り合いました。
だから、僕の提案する商品の目利きが悪ければ、同級生だからと言って、どんなに営業しても使ってもらえません…。
そんな業界の一線で活躍する仲間たちに、評価をしてもらえる時ほどうれしいことはありません。
ちょっと自慢ですが、トスカーナウェイソーラーブリックは辛口トークな仲間たちからも、評価してもらっているアイテムだったりします。
「家とまちなみ No62」(財団法人住宅生産振興財団)という業界誌の中でも、同級生がリーダーとして設計監修したプロジェクトの特集記事で、採用してもらったソーラーブリックについて取り上げてもらっていたということを知り、素直にうれしかったです。
普段、頻繁に会えなくとも、すぐに昔と変わらない飾らない自分に戻れる大切な親友たち。
これからもずっと、いい関係でいたいと思います。
みなさんにも、そんな仲間がいると思います。
ちょっとご無沙汰の友人に、今週末あたりメールでもしてみては?
僕も同窓会でも企画してみようかな・・・。
風邪が流行っているようですが、みなさん良い週末を!
あと、飲みすぎにも注意ですよ。(笑)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください