インテリア×トスカーナウェイ

気がつけば週末。
僕も歳をとったのか?1週間ってあっという間に感じます。
子供の頃って、本当に時間を長く感じたんですけどね。
でも、そんな年齢を感じる今になっても、古くからの友人といると、いつになってもお互い変わらないなと感じて、すぐにその頃にタイムスリップ出来るから不思議ですよね。
僕は今でも高校時代の親友(悪友?)と会ったりするのですが、その仲のいい友人の一人T君は歯科医師。
沢山あった僕の虫歯もほとんど彼が直してくれました。
後は、「親知らず」を2本抜かなくてはなりません!
(下顎なのでハレるそうです…怖い)
現在彼の歯科医院はリニューアル工事中。
そこにマテリアルワールドのアイテムをチョイスしてくれています!
すごくうれしい。ありがとう!
オニキスのトスカーナウェイをトイレの壁に、エントランスにはピンク&ホワイト。
トスカーナウェイはエクステリアだけでなく、インテリア素材としてもオススメですが、特にこのオニキスは綺麗です。
工事途中ですが、一部ご紹介します。



独特の質感と色味がオニキスの魅力。
どうしても石っていうとエクステリアの印象が大きく、室内で石というと、玄関のたたきくらい。究極のステレオタイプですね。(笑)
そして壁は全部壁紙。(乾式工事)
予算のことももちろんあるんですけども、
例えばリビングの一部、トイレや洗面所の一部に「石」ってすごくいいと思うんです。
海外では、2×4(ツーバイフォー)といって木造がほとんどで、法律の違いもありますが5階建のホテルくらいなら木造です。
その木造であっても「石」は上手にふんだんに使っています。
一見すると、それが木造とは分からないくらいすごく上手に仕上げしているのです。
インテリアに石。
日本でも、それが特別なことじゃなく、普通のことになったらいいですね。
トスカーナウェイがその選択肢の一つになればと願っています。







みなさん、良い週末を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください