コツコツ×コツコツ=AWARD受賞

朝晩はキリッとするほどの寒さ、もうすっかり冬ですね。
この季節になると自動販売機には、HOTとCOLDが混在していますよね。
慌てて買うと、冷たいのが飲みたかったのに、間違えてHOTを押していたり、その逆もあったり…。
先日、僕もやってしまいました。(苦笑)
オレンジジュースだったので、当然冷たいヤツかと思いきや、なんとHOTオレンジ!
師走は何かと慌ててしまいますが、自動販売機、要注意です…。

写真はマテリアルワールドの来客用カップ。HOT用にオリジナルのスリーブです。
相変わらず、そんなおっちょこちょいの僕ですが、昨日はまた一つうれしい出来事がありました。
全く何もないところから「マテリアルワールド」というブランドをつくり、以来ずっと一緒に育てて下さっている日本一素敵なビジネスコミュニティ『スターブランドCLUB』の2013年のアワード表彰式でした。
この1年、それぞれの分野で大きく飛躍された全国各地の沢山の会社さん、個人さんに混ざって、今回マテリアルワールドも表彰して頂きました。
ありがとうございます。

毎月、様々な情報を「プレスリリース」という形でマスコミ向けに情報発信をさせて頂いているのですが、その地道な活動の成果もあって、2013年は僕の中で一つの夢というか目標であった憧れの雑誌『カーサブルータス』への掲載、はたまた『全国賃貸住宅新聞』という専門業界紙への掲載と、その全国賃貸住宅新聞社が推薦する「オススメリノベーションアイテム33」という名古屋での展示会企画で、マテリアルワールドからなんと2アイテムをセレクトして頂けたり、『バンコクポスト』というバンコクで一番メジャーな英字新聞に大きく取り上げて頂いたりと、ほんの1年前には想像もしなかったことが現実のこととしてカタチになりました。
この活動は、それはそれは地味な活動でして、毎月100通以上発信しても、ニュースとして取り上げて頂けるとても機会は限られています。
2ヶ月に1件、あるいは3ヶ月に1件ヒットするかどうか、つまり確立でいうとせいぜい1/200〜300程度です。
継続こそ力なり、とは言いますが、“コツコツ”“コツコツ”という音が聞こえてきそうなくらい、諦めず、腐らず、地道に情報発信を継続したからこその成果であり、またその活動に対して、表彰をして頂けたこと、何よりもうれしく思っています。
「頑張って継続してきて良かったな」、としみじみと振り返っています。
大変ありがたいことに、今月、そして来月もすでに幾つか雑誌や新聞への掲載も決まっています。
チャレンジし続けることの大切さを、よく野球にたとえて、バットに当たるまで打席に立ち続けるという言い方をしますが、あの伝説の本塁打王ベーブルースも714本のホームランの数の陰で、1330回という三振をしています。
超一流のバッターでさえそうなのですから、シロウトなら、1本のヒットを打つために、1万回も、あるいは10万回だって打席に立つ覚悟がなくちゃだめですよね。
起業して8年目。
2013年の年末に、ようやくその本当の意味、大切さを腹の底で感じられるようになりました。
来年の目標は、マテリアルワールドの商品や、サービス、あるいはキャンペーンといった情報だけでなく、会社としての存在、ブランドとしての存在、そんな部分を取り上げて頂けるようになりたいと思っています。
そのためには、今まで以上に自分たちの存在意義、社会からの任されごと、マテリアルワールドが社会に還元できるモノ・コト、そんな部分を深く掘り下げていかなくてはなりません。
もっともっと自分たちに厳しく、活動を研ぎ澄ませていきたいと考えています。
ユニークで、オンリーワンな、ワクワクする、細部まで美しい、誰も見たことのない、永続性のある…、そんな世界観をもっと追及していきたいと思います。

〜頂いた表彰状のメッセージ〜
MR. TOM HORIBE MATERIAL WORLD
Cogratulations on your award given at STARBRAND of the YEAR 2013.
With this award, you have proven your effort, teamwork, leadership and implementation of your branding strategy.
We, the staff members of STARBRAND, always dream and work hard to produce strong small businesses, in other words “little-giants.”
And we thank you that you have become one of them. Your name is now listed.
RYUSUKE MURAO
STARBRAND Co., Ltd. / FRONTMAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください