ソウルの今はノリのり王国?

6月も最終週になりました。
2013年ももう半年になるんですね。
月並みですが、とても早く感じます。
みなさんにとっての上半期はいかがでしたか?
マテリアルワールドにとっても、オフィスの移転やスタッフの卒業など、幾つかの出来事もあり、新しいステージに向けた変換期だったような気がしています。今月が決算ですが、第7期もあと数日。
まだまだもうひと踏ん張りです。
さて、
先週末久しぶりのソウル出張だったのですが、珍しく半日フリータイムが出来たので、中心地をほんの少しだけ散歩しました。
特に詳しく勉強していませんが、その時目に留まった建築の写真をランダムにアップします。
雨で外に出られない時などの退屈な時間の気分転換にでもなれば幸いです。

復活した南大門。

ソウル駅は東京駅に似ています。

シティーホールはメカメカしい。税金の使い過ぎがこちらでも問われているらしいです。(タクシー運転手談)


なんとなくレトロ感があります。






どれもそれぞれユニークなデザインで頑張っていますが、どこかで見たことあるような、まあびっくりするほどのことはなく、中国やドバイなどに比較してしまうと、まともです。
あまり形から伝わるメッセージ性というか必然性は感じない印象でした。


今回散策したエリアで最も良かったのは、この川の水場を活かした空間です。水際まで行けて、緑も多く、すごく気持ちのいい場所になっていました。夜もライトアップされています。
確か、大阪では、道頓堀をプールにする構想がありますよね?果たして上手くいくのか分かりませんが、これは大いに参考になると思います。
【おまけ】
今回のソウル出張、羽田発の夜便だったのですが、実はチェックインに3分程遅れてしまい、飛行機に乗りそびれてしまいました…。
平日、仕事をして夜から出発、しかも羽田発で便利!なんて余裕かましていると、僕のような事態になってしまいますので、みなさんくれぐれも時間にはご注意ください。(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください