コツコツと、でも続けることが大切

このところ本当に日本列島は天災つづきですが、今回の台風・大雨、みなさんの地域では大丈夫でしたでしょうか?
和歌山県などは大変なことになっているようで…、とても心配です。
東北各地の被災地も、少し前に進むと、また別の問題で後ろに戻されてしまう、そんな状態の繰り返しではないでしょうか。
こんな時に、自分は何をどうすればいいのか、一体何ができるだろう?そんなことを考えては、自分の弱さを痛感させられています。
以前の僕であればそこで打ちのめされて、立ち止まっていたと思うのですが、最近は、ようやく一歩前に進めるようになってきたと思います。
たとえそれがささやかな活動であっても、自分が出来る範囲で、ちょっとでもいいから、思い立ったらすぐ行動に移すようにしています。
先般、ジャストギビングでチャレンジ宣言したフルマラソンにおいても、皆さんから応援して頂いた募金43000円がスターパワーさんに届いているものと思います。
改めて、僕のつたないチャレンジに寄付をしてくださったみなさんに感謝します。
ありがとうございました!
そのスターパワーさんが明日23日(土)に横浜のキャプテン翼スタジアムにて、『ユニバーサルフットボールジャム』を開催されます。
僕も過去2回参加させてもらっています。
日本代表ゴールキーパー川島選手、フットサル日本代表キャプテン小暮選手をはじめ、サッカー、フットサル、セパタクロー、ブランドサッカー、アンプティーサッカーなど多数の一流アスリートの方が、ハンディキャップのある方、特に子供達を中心としてみんなで一緒にフットサルを楽しむイベントです。
眼のみえない方が音の出るボールを使ってやるブランドサッカーなどは驚愕です。
ぜひお時間ある方は、このイベントの素晴らしさに触れてみてはどうでしょうか?
そして、
新しい東北復興支援のスタイルとして注目しているのが、生産者を応援し、かつ、こちらも収穫されたものを美味しく頂くという、『おらほの』という一口オーナー制度。
三陸の牡蠣、お米、りんご、短角牛など、どの食材のオーナーになるのかを選んで生産者の方々を応援できます。生産段階から参画することで、生産者を応援する仕組みです。僕は牡蠣のオーナーとして参加させてもらいました!
収穫は来年の春ですが、今からとても楽しみです。
また、
先日大変楽しく、そして沢山の感動をもらった『気仙沼大島ランフェスタ』に感謝して、気仙沼の被災者に直接届く義援金として、気仙沼市災害対策本部が受け付けている窓口に、募金をさせて頂きました。
一つひとつはどれも本当にささやかなものです。
でも、こうした社会貢献を長く続けていくことが、個人としても、会社としても、自分の役割だと感じています。
たとえそれが明確なゴールのない、ずっと長く続く道のりであっても…。
一昔前は、ユニセフとか日本赤十字とか、大きな団体が中心で、自分の寄付がどこでどれだけ役に立っているのか少々感覚値として掴みにくいものが多かったのではないかと思いますが(もちろんそれも大切ですが)、最近は様々なNPO法人や、アイデア豊富で行動力のある人たちが、相互に楽しみながら互いに支え合えるイベント・仕組み・プラットフォームを提供してくれています。
そういう意味で、シャイな人?!でも肩ひじ張らずに参加しやすくなったのではないでしょうか?
もし他にも、こんな楽しい企画があるんだよ、素晴らしい仕組みがあるよ、ということをご存じな方がいたら、ぜひ教えてください。
今後も自分の出来る範囲で積極的に参画していきたいと思っています。
天候が不安定ですが、良い週末を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください