チャーミングなネーミング

マテリアルワールドのアイテムたちには、ユニークなプロダクトネームがあるということは、このブログを見てくださっている方であればもうご存知ですよね。
TOKYOジャケット
シエナスタイル
トスカーナウェイ
サンタフェクラッシック
マダガスカルウッドストーン
KOBEプレート

マテリアルワールドのアイテムたちは、基本的に世界の都市や地方のネーミングをつけるということを意識しています。
(*必ずしも産地と一致している訳ではありませんが…。苦笑)
でも、
「大人の事情」で、いくつかイレギュラーもあります。
その中でも、『ソーラーブリック』は商品名に都市のネーミングこそついていませんが、今では業界では類似のアイテムもひっくるめて、“ソーラー式LED照明”の総称とも言えるくらいに浸透しました。
少なくとも僕はそう感じています。
例えば、
サランラップ、ホッチキス、写ルンです、宅急便、エレクトーン、ポリバケツ、ポラロイドカメラ、ウォークマン、ジェットコースターなどなど、日常的に会話で使っている名称でも、実は固有の登録商標だったりしますよね。
これは、うれしい反面、ちょっぴり残念でもあるのです。
ソーラーブリックの例でいえば、きっと、商品の違いを分からずに、類似のモノを使われているケースが多々あるからです。
何故そんな強気?!なことが言えるのかというと、エクステリアの仕事をされている方でも、「ソーラーブリック、使ったことあるよ。これでしょ。」って違う商品を見せてくれたり、ブログなどで検索しても、「我が家にもソーラーブリックをつけました!」なんて記事をみつけて読んでいくと、かなりの確率で他社の製品だったりするからです。(トホホ…)
まだまだ僕の営業力、伝達力が足りないなと痛感しているところです。
さて、
昨日は、恩師村尾さんのセミナー受講をきっかけに、今でも自主的に集まってブランディングを学んでいる皆さんの集まりに、ゲスト参加させて頂きました。
短い時間でしたが、楽しく交流出来たのではないかと思っています。
みなさん、ありがとうございました!
そこでも、勉強のテーマは「ネーミング」でした。
ミスチル、キムタク、ロンバケ、ごくせん、スタブラ、etc
身の回りにあるほとんどの愛称・呼称は「4文字」に短くされていることがほとんどだと思います。
ゴロがいいというか、言い易い、覚えやすい黄金パターンですよね。
この辺の“省略方法”は女性のみなさんのスキルが抜群だと思いますが、この4文字の短縮愛称で言われるようになったら浸透してきている証拠だと思います。
ちなみに、
マテリアルワールドでも、ロゴに登場している僕自身をイメージしたキャラクターの彼にも愛称をつけています。
  リ ア ル  ー  ド
→ マテワル → マテワリ → マテワリ君
という風に。
つっこみの厳しい妻から「なんでマテワルじゃなくて、マテワリなの?!」と言われるのですが、
そんな時は「マテワルって、マテ悪!って聞こえるから、ちょっと変化球で、ラの5段活用(?)しているんだよ!」
・・・となんだか訳のわからない説明で言い通しています。(笑)
いいんです。愛称なんですから、アバウトで。
きっとみなさんにも、素敵なニックネーム、あだ名ってありますよね。
ぜひマテリアルワールドのキャラクター「マテワリ君」もヨロシク可愛がってあげてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください