小粒でもピリリと光るヤツ

「ファンキーだけどエコなヤツ」
もうお馴染みですね?
マテリアルワールドのエコ商品、『ソーラーブリック』ですけれども、本日も現場事例をご紹介します。
場所は大宮。(現さいたま市)
このソーラーブリックの販売において多大なるご協力をいただている東和産業さんの本社ビル前です。
隣は日産自動車のカーディーラーがあり、そこにも設置してもらっています。
ここに使われているのが【SBH100F】というタイプ。
100角のサイズで、表面全体にわたって光るものです。


小さなボディなのですが、くっきり、はっきりと光るのが特徴です。
他の商品をお使いになられたことのあるお客様はみなさん「ソーラーブリックの光が一番明るいね!」と認めて頂いています。
この種の商品群の中では圧倒的に明るいんです。
その秘密(秘密という程ではないですが…)は、まず使っているLEDの灯数。
さらにそれらを十分に発光させるために十分な容量のスーパーキャパシタがあって、そして、さらにそれをバックアップするリチウムマンガンバッテリーとのハイブリットシステムが組まれている点です。
ちょっと難しいかもですので、
日産にちなんで分かりやすく車をイメージに例えると、
小型車なのに12気筒、350馬力、ツインターボ搭載。
でもガソリンでなく、太陽エネルギーで走っちゃう。
残念ながら昼間は走らないけど、夜は全開!
さらに言うと、防水性もあるので水陸両用車!!
…と言ったらイメージ湧きますでしょうか?(笑)
この写真でも伝わるといいのですが、
この小さな光がある場合とない場合で随分と場所の印象が違ってくるんですね。特に街灯が十分でない場所には本当に効果が大きく表れます。
小粒でピリリ、そんなソーラーブリックのSBH100F。
小さボディに秘めたポテンシャルをぜひ体感して欲しいです。
今度の週末はお近くのカーディーラーへ、
…じゃなくて、マテリアルワールドへお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です