杜の都のソーラーブリック

みなさんのお住まいのところには、「ご当地ソング」ってありますか?
この曲を聞くと故郷を思い出すとか、この曲は学生時代を思い出させてくれるなんて曲があると思うのですが、ご当地ソングで全国区的に有名なのは、なんと言っても
♪広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず〜 ♪
の『青葉城恋歌』ですよね。
金八先生でなく、仙八先生が歌っていたのですが、覚えていますか?
(古いかな?:苦笑)
その歌のご当地とは、杜の都で有名な仙台です。
牛タンが美味しくて、七夕祭りも有名です。
さて、
緑の多いその仙台の街でも、マテリアルワールドの『ソーラーブリック』が使われて、活躍していますのでご紹介します。
場所は三井不動産レジデンシャルの『パークホームズ勾当台公園』です。
仙台の中心地、とても利便性の高い場所です。

(写真はホームページより)





エントランスの脇に連続する小壁と白い光。
モダンな外観、エントランスの意匠性を損ねずに、ソーラーブリックがしっかりと脇役としての役割を果たしているようにそこにあります。
仙台の豊かな緑の中で、「電気を使わないエコな光」が輝き続けるはずです。
お近くの方はぜひチェックしてみてください。
いつもながら、日本を代表する三井不動産レジデンシャルさんの環境配慮に対する積極的な姿勢には本当に頭が下がります。
今回も、関係者の皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください