TOKYOジャケット

今日から11月。
ちょっとありふれていますが、時の経つのは本当に早いものですね。
これから年末にかけてみなさんますますお忙しくなる時期と思います。そろそろ忘年会シーズンでもあったりと、仕事もプライベートも盛り沢山な時期になるのでは?体調管理お気を付け下さい。
さて、
今日もうれしいニュースです。
美容師さん向けに毛染め用のテスト品として毛束を販売するその名も「毛束屋」さんが『毛束屋タイムズ』を発行されることになりました。業界向けのフリーペーパーですが、なんとそこにTOKYOジャケットを大きくフューチャーして頂きました。(パチパチ)
KAZさん、本当にありがとうございます!

美容師さん達は常に新しい技術や最先端のファッションを学ぶためにこうした毛束ツールを使って勉強されているんですよね。僕も知りませんでした。毛束屋さんはまさにそのプロのニーズに応える会社さんです。
毛束屋
デザイン感度の高い美容師さんの業界において、美容室の店舗づくりにはかかせない“コンセントプレート”ですが、TOKYOジャケットは従来にない面白いアイテムということで注目して頂き、記事にして頂きました。
僕も知り合いに美容室を経営されている人がいますが、美容室にとってコンセントプレートの位置というのは大変重要なんです。ドライヤーはもちろん、パーマ、毛染め、その他電気を使う器具を頻繁に使うからです。
各お客様の座る席の近くに1つは配置されます。お客様からの目線に非常に近い位置にくるにも関わらず、デザイン的にこれと言って見せれるようなものがこれまでなく、カウンターの下に隠したり、フロアーコンセントにしたりと、設計士含めてみなさん本当に苦労されています。
カウンターの下などに配置すると、ドライヤーなどのプラグの根元部分が折れ曲って使うことになり、すぐに駄目にしてしまったり、フロアーコンセントでは毎回の抜き差しの動作も大変で、また毛屑が詰まったりといいことがありません。
やはり素直に使いやすいところにつけたいものですよね。
そういう基本的なニーズを満たしつつ、デザイン的にも店舗イメージを損ねないアイテムとして、TOKYOジャケットはもってこいではないかという声を頂いております。
全国の美容室オーナーの方、あるいは美容室を設計されているデザイナーの皆さん、TOKYOジャケット大注目ですよね!(笑)美容室業界で「トウジャケ」を知らないとモグリと言われる日もそう遠くないかもですよ。ホント。
プレート1枚にも気を配る、ヘアスタイルをデザインする美容師さん達だからこそ、そうした細かい部分まで気が付くと思うのです。ファッションでいえば靴下とかカフスボタンとかあくまでわき役のアイテムと言えば分り易いですかね。本当のおしゃれとは何かを知っている人には分ってもらえる世界だと信じています。

次回もトウジャケについてお話します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください