やわらかなデザイン

今日は女子スケートの結果が気になってしまって、ランチタイムも時間をずらしてテレビ放映しているお店を考えたのですが、同じ考えの方が沢山いて(笑)結局見れずでした…。
なんとなくもう一つのホームタウンとも言うべきバンクーバーで、熱戦が繰り広げられているのだなと思うと、どうしても気になってしまいます。
リッチモンドはかなりの盛り上がりだったと思います。
早く映像で感動を味わいたい心境です…。
とりあえず、選手の皆様、お疲れ様でした。
さて、そんな興奮も冷めやりませんが、週末&月末の今日は、クールダウンも込めて、素敵な女性建築家をご紹介します。
その方とは、『いろは設計室』の橋垣史子さん。
出会いはスターブランドクラブでしたが、実は別のところでも知人を通じて事前に情報はつながっており、なんだか人のつながりの妙みたいなものを感じたのを覚えています。
プロフィールやこれまでの設計された物件を見れば分かりますが、“やわらかな”、“やさしい”、“あたたかい”、そんな温もりを感じる形容詞がぴったりくる設計をされています。

ホームページより
男性的、女性的という端的な分類は正しくありませんが、男性の建築家ではなかなか実現出来ないような体温を感じる設計をされていると思います。
橋垣さんは、女性の建築士ばかり30名からなる『株式会社女性建築家チーム』のメンバー設計士でもあり、代表の西村さんのご自宅を設計担当されたのも彼女です。
設計はもちろんですが、橋垣さんご本人もとてもホンワカした感じの方で、カナダを旅行された時には、素敵な写真と一緒にメイプルリーフの“葉っぱ”を添えてお手紙をくれるような、そんなチャーミングなところもある方なのです。

2010年から事務所を移転してますますご活躍されていますが、その新しい事務所でKOBEプレートのアイボリーをお客様へのサンプルを兼ねて使って頂いています。
スイッチプレート
アルミダイキャスト製のプレートというと、なんだか冷たくて、硬くて、ウディーでナチュラルテイストなデザインには合わない?という誤解もあるかもしれませんが、アイボリーはそんな空間にも違和感なく溶け込みます。
そんなことを実感させてくれる素敵な写真で、ブログでご紹介してくれています。ありがとうございます。
やはり、建築設計の“プロ”に認めてもらうということはバイヤー・デザイナーとしてはある種の目標です。
一般の方にはウケるけど、プロの評価はイマイチ、そんなアイテムもありますが、自分の設計で使いたい、お客様に薦めたい、そんな風に言ってもらえることは何よりうれしいことです。
今日の女子スケートではないですが、建築の分野でも橋垣さんのように活躍する女性建築家が増えました。
これからもどんどんその傾向は進むでしょうし、目が離せません。
僕も含めて、男性陣も負けていられませんけども。
住宅建設を考えている「奥様」の方なら女性建築家が設計した家というのは、要チェックだと思いますよ。
きっとあなたと同じ目線で、同じ感性で考えているでしょうから。
素敵な週末を!
『KOBEプレート』のアイボリーはこちらから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください