茶室からクリスマスまで

今日も懲りずにKOBEプレート第5弾ネタです!
今日は、福岡からの更新です。
何度来ても福岡はいいところですね。
昨晩はラーメンを食べましたが、とんこつでなくしょうゆ味。
「王餃子」という教えてもらったお店でしたが、意外に(失礼!)美味しかったです。なんでもイチローも好きな味とのこと。
なんとなく博多=とんこつラーメン、長浜ラーメンというイメージが強いのですが、新しい発見です。
さて、
今日のご紹介は、新色の『モスグリーン』。
独特の深い緑は、和のスタイルにも、洋のスタイルにもどちらにも使えるカラーです。
それは、まるで経年変化で石に生えた苔(コケ)のようなイメージでもあり、あるいはクリスマスの時に活躍するモミの木のような深い緑でもあるのです。
やはりこのモスグリーンにもメタリックの成分が入っていますので、独特の艶感は他にはない特徴です。
屈強なアルミダイキャスト製という現代の製品でありながら、モダンな空間のみならず、旅館、茶室をはじめとするような、伝統的な和空間にも場の雰囲気を損ねることなく使ってもらえると思います。
ワビ・サビの世界から、北欧スタイルまで。
また、最近はインテリアグリーンも増えてきています。
植栽の緑とのマッチングもバッチリだと思います。
きせずして、このKOBEプレートを扱って頂いている東急ハンズさんのカラーにも近い気がします。(笑)







どうでしょう?
従来の「設備品」というカテゴリーでスイッチプレートを考えている以上、こういうカラーの発想は絶対に出てこないと思います。
インテリアの一部だから、デザインの一部だからと考えることによって、こうした新しいアイデアが出るのだと思っています。
これだけしつこくプレートについて熱弁すると、おかしい人に思われるかもしれませんが(苦笑)、デザイナーのみなさんの困り事はこういう些細なことだったりするのです。
これを見たみなさんの考え方も少しでもかわってくれたらうれしいです。
後半戦、まだまだ続くのでよろしくお願いします。
『KOBEプレート』
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください