たまには会議室を抜け出そう

みなさんにとって、会議とはどんなイメージでしょうか?
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」
という青島刑事のフレーズが僕はとても好きなのですが、比較的会議そのものに対して好印象を持っている人というのは少ない?!と思います。
でも、2人以上の組織なら、会議ももちろん大切。
これまで僕はずっと一人でしたので、5年ほど会議とは無縁な人でしたが、7日(土)がマテリアルワールドとして2012年最初のミーティングデーでした。
大きな会社でいうところの年次全体会議のような位置づけでしょうか?
マテリアルワールドの今年の計画や目標数値のすり合わせ、現状の係数確認、課題整理、中長期的なゴール、各人の目標や夢などを共有する時間を持つために、途中ランチも挟んで、たっぷり5時間ほどの時間をかけて行いました。
いつもオフィスではなく、リラックスできる場所で。
大人の社会科見学もかねて、サービスのいいホテルのラウンジ、そして場所を移して超高層ビルのレストランで。

小さい会社だからこそ、自由にできる会議。
窓のない会議室で、ホワイトボードを使って喧々諤々やる会議も時に必要ですが、外へ出て、違った空気を吸いながらやる会議もオススメです。
夏ならアウトドア会議なんてのもやってみたいです。
そんなときの方が、いいアイデアが浮かんだりするものです。
そして、出来れば休みの日に。
もちろん小さい会社に休みはあってないようなものですが、それでも電話の頻度が少ないので、途中の中断があまり無く「で、なんだっけ?」みたいなことがあまりありません。
会議を終えて、その足で山中湖へ移動。
富士スピードウェイで行われるママチャリ7時間耐久レースに参加してきました。

チームで交代を繰り返しながら走るのですが、それでも体力的にはかなりキツイ。
でも、とにかく楽しかったです。
レーシングコースをママチャリで走るというレアな体験もあってか、相当人気のイベントのようで、1400チームも参加しています。2万人はいたでしょうか?
とにかくガチで走るチームもあれば、楽しい仮装をしたチームもあったり、チームそれぞれにバーベキューなんかを楽しみつつ過ごすイベントです。
そんな中、我々の2チームは大健闘で、若手中心で構成した“本気チーム”はなんと78位フィニッシュ。
前職の仲間たちと、今でもこうして一緒に楽しい時間を共有できるということは何よりの財産です。心身共にリフレッシュできました。
そんなわけで、仕事も遊びも普段とはちょっと違う時間を過ごした連休でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください