子供たちに感謝!

昨日は、スマイルジェイピーの素晴らしいイベントに参加させて頂きました。
『世界に笑顔を増やし隊!』というスマイルJPの活動の一つとして、カンボジアの孤児院の子供たち50人を日本に招待するというものです。
将来、カンボジアが日本のように豊かに成長発展するきっかけづくりをしていきたいという主旨で、フリーライフコンサルティングの岩崎さんを発起人として行われているものです。
僕は昨日1日だけの参加でしたが、参加させて頂いたことでいろんなことを感じ、考える大変貴重な機会となりました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。
ボランティアとしての参加だったのですが、お役に立てたのか?と思うと、なんだかそこに居ただけのような気がしています。むしろ、いろんな気づき、学びがあったのはこちらの方でした。
(スタッフの方の苦労からしたら、なんだか申し訳ない気持ちです…。)
子供たちは例外なくみんな明るく人懐っこい元気な笑顔で、澄んだ綺麗な目をしています。
そして、日本の子供たち(あるいは我々大人たちも)の何倍も勉強熱心な姿には、とにかく驚かされます。(普段、朝7時から夜8時まで勉強しています)
みんな、クメール語、英語、そして日本語も上手な子が何人もいるのです。
日本語も話すだけでなく、なひらがななどは読み書きも出来るのです。
ほとんど、コミュニケーションにおいて大きな問題はありませんでした。
子供たちにとって、今回のイベントはどれも生まれて初めての体験ばかり。
昨日は辻堂海岸で、初めて見る「海」を一緒に経験しました。
最初は靴を脱いで波に触れる程度でしたが、それも束の間、男の子たちはすぐに波の中に洋服のままザブン!と大はしゃぎ。(笑)
みんなずぶ濡れになって遊んでいました。
その光景を見ているだけで幸せな気分になれました。
そのあと、子供たち全員で歌のプレゼントとして唄ってくれた『世界に一つだけの花』はフルコーラスで日本語!
“感動”ものです。

時間の都合で、ゆっくりと話は出来ませんでしたが、この子供たちを普段から支えている現地スタッフのKENGOさんの熱意や想いを想像するに、深く敬意を払わずに居られません。
今回の企画を実行された岩崎さんも、様々な困難や境遇の中で、それでもがんばって明るく生きる子供たちと出会って、また、自分の人生の大部分を捧げてそれを支援するスタッフの方と出会って、突き動かされたのだと思います。
今の僕には到底出来ることではなく、ただ頭の下がる思いで一杯です。
先日参加させてもらったユニバーサルフットボールジャムでもそうですし、この間放送された24時間テレビでもそうですが、本当にいろんな境遇の人がいて、それぞれに頑張っている。
それに比べて、僕にはそんなハンデが一つもありません。
そんな僕が日常生活において愚痴をこぼす資格すらないはず。
昔、何に対してもとにかく文句の多かった自分が恥ずかしい限りです。
今後、自分の限られた人生の中で、何をもって社会貢献が出来るのか、自分の使命とは何か、自分の“志事”が何なのか、この年齢になってもまだ見つけられていない、あるいは気付けていない情けない状況なのですが、少なくとも今の自分の置かれている境遇は物凄く幸せなんだ、ということだけは再認識したいと思います。
まずはそのことにきちんと感謝し、その感謝の気持ちを少しでも行動に移すことから始めていきたいと思います。
そして、カンボジアの子供たちに負けないくらい仕事も勉強も頑張らないとなりません。
明日、子供たちは帰国するそうです。
この経験が将来に渡って大きな財産になることを願ってやみません。
みんなどうもありがとう!
そして、幾多の困難にもめげずこの企画を実現された岩崎さん、関係者・スタッフの皆さん、お疲れ様です。ありがとうございました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください