新しいかたちから、新しい暮らしが生まれる

毎年のことですが、お盆の東京は人も車も少なく、とても静かに時間が流れているようです。曇り空で暑さも和らぎ、電話もほとんど鳴らずに、たまった仕事を片付けるにはうってつけの週末です。
少しひと段落したので、ちょっとブレイクして、今日はお盆休み中のみなさんにマテリアルワールドからとっておきの新商品情報です!
マテリアルワールドの2010年後半の中でも超特大級のビッグニュースです!
今日はちょっと長いです…。
建築資材を扱う僕たちのニュースは、このブログを読んでくださっている方の中には、普段、直接的に関わりのあるネタではないかもしれません。
でも、今日のニュースは日本全国の全ての家庭?にご紹介したい、そんな優れモノです。
それは何かと言うと…、これです↓。


カッコイイですよね。
その名も『インテリアハンガー』。
室内干し用のベルトです。
いまや、室内に洗濯ものを干すのは地域を問わず一般化してきています。
寒冷地の冬場は気候的にどうしても外に干せないという事情がありましたので、乾燥機の利用や部屋干しは一般的です。
僕の住んでいたカナダでもそうでした。
都心部ではどうでしょうか?
毎晩帰宅が遅くなる人、女性の方、花粉症の方、黄砂の問題、幹線道路沿いの排気ガスの問題、やはり外に干すということが出来にくくなっているのではないでしょうか?
最近の都市型アパートなどは、洗濯ものを干せるバルコニー・ベランダすらないのが実情です。
超高層マンションはどうでしょう?
外になんか干せませんよね。
たとえば我が家にもちゃんと洗濯モノが干せるベランダはありますが、ゲリラ豪雨のように急に雨が降ってきたりすれば、当然室内に取り込みます。
でも、まだ乾いていなければ、カーテンレールにひっかけたり、長押しにひっかけたり、鴨居のところにはさんだりと…。
カーテンレールが曲がったりしてませんか?(苦笑)
きっと、「うんうん、我が家でもやってる!」って声が僕には聞こえてきます。(笑)
室内干し用のスタンドのようなものも使っていますが、狭い部屋の中で、これが場所をとるので、それをよけようとして、体を部屋のあちこちにぶつけてみたりしています。(痛!)
そう、この「部屋干し問題」は、どんな住宅事情であっても、大なり小なり、みなさんのライフスタイルの変化に伴い、日本全国の家庭で頭の痛い困り事の一つになっているはずです。
その困り事を解決するために生まれたのが『インテリアハンガー』です。

使うときだけ引き出す巻き取り式なので、普段はスッキリと壁面に収納。
125?×100?×45?というコンパクトでキュートなボディ。
それでいて頑強で、しっかりしたアルミダイキャスト構造の質感。
カラフルなカラーが自慢のバリエーション。
常識を覆すオシャレなフォルム。
“便利グッズ”というカテゴリーにありがちな、便利だけどおしゃれじゃないアイテムではありません。
マテリアルワールドがご紹介する以上、デザイン性にはぬかりありません。
でも、カッコイイだけじゃなく、実際に超便利な使い勝手!!
これでもか!というなるほどなアイデアが盛り沢山になっています。
順番に説明しますので、ついてきて下さい。(笑)
まず、ベルト長さは3.6mまで引き出せます。
建築的に言うと、2間。
標準的な物干し竿の長さが3mですから、それよりも長いんです!
これって相当干せます。
でも、部屋によっては短い長さで使いたいですよね。
だから、ロック機構付。好きな長さのところでロックすることで、それ以上ベルトは伸びません。
数センチ〜3.6mまで設置状況に応じて、自由です。
荷重も気になりますよね?
ベルトの耐荷重は最大15kg!
大型洗濯機の1回分くらいメチャメチャ余裕で干せるのです。
ベルトの幅は物干し竿の幅を参考にしています。
何気ない物干し竿ですけど、実は洗濯モノが乾きやすいサイズになっているんですって。ちゃんと理由があったんですね。
これだけじゃない!
インテリアハンガーのベルトには200?ピッチで「ハンガーホール」という穴が加工してあります。

ここにハンガーのフックをかけることが出来るので、かけたものがズレません!これ、すっごく便利!
例えば、こんな使い方も出来るんです。


本体とフックが同じ高さに設置できなくても使えちゃいます。
(写真は、加圧スポーツジムです。:ブレインさん提供)
斜め使いが普通に出来るなんて、物干し竿でも無理!!
まだまだあります。
ベルトを引っ掛けるフックだってタダモノじゃない!
使っていない時は、ハンガーが引っ掛けられるようになっているんです

なんだか、我ながらテレビショッピングの解説のようになってきましたが(苦笑)、最後に極めつけは本体が角度調整出来るところです。
設置した壁面に対して、ボディが最大90度まで開くので、フックの位置が自由に選べます。例えば、上の写真のように、部屋のコーナーを上手に利用したり、もう1つフックを追加すれば(別売)、部屋の反対側までベルト長さをもっと長く引き出したりと、フックの位置に応じて使い方もいろいろと変化させられます。

どうでしょうか?
もうお腹いっぱいになりましたか?(笑)
これだけ便利機能満載で、カッコイイアイテムって無かったはずです。
日本初と言ってもイイと思います。
ユニークでオンリーワンなアイテムを紹介するマテリアルワールドですが、これは久々に興奮するアイテムです。
ちなみに、インテリアハンガーはプライド高き日本製。
まもなく、マテリアルワールドのサイトでも発売をスタートします!
部屋干しでお困りのみなさん、ぜひインテリアハンガーをよろしくです!
***最後まで読んでくれて、ありがとうございます***
良い休日を!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください