「ありがとう」は「ありがとう」を呼ぶ

2009年も9月に入りました!
残り1/3、年末までの4か月、楽しく過ごしたいものですね。
さて、
Septemberといえば、牡蠣の美味しくなるシーズン。
僕の住んでいたバンクーバーでも、シーフードは豊富でした。
ダウンタウンにあるオイスターバーはとても人気があって、この時期いつもセレブでにぎわっているんです。
もし、これから行かれるチャンスのある方は要チェックですよ。
『JOE FORTES』
牡蠣というと日本では岩ガキなど、大きめのものがジューシーですけど、僕は日本では獲れなくなった「クマモト」という品種が一押しです。
とても小さな粒ですが絶品です。
マッカーサーが統治下に、クマモトの種を西海岸に運ばせて、養殖させたそうです。
もともとクマモトのあった水俣湾では絶滅し、今では西海岸に運んだその種のおかげで今でも食べられるという偶然というか、皮肉めいた裏話があるのです。
そろそろ食欲の秋、美味しい話はつきませんが・・・、
今日はちょっとうれしい話をシェアさせてください。
先日、スターブランドのイベントで「無農薬栽培のエダマメ」、名づけて『エダマーメイド』をみんなで収穫して、大切な人に送るという企画があったのですが、みなさんとても喜んでくれて、それぞれに様々な形で沢山のありがとうを返して頂けました。
詳しくはこちら新枝豆ブランド『エダマーメイド』
その中でも名古屋に送ったいつも大変お世話になっている方からは、なんとお礼のカードと一緒に、僕の名前入りのオリジナルコースターまで頂いてしまいました!
サプライズなお礼だったので、とてもびっくりしましたし、パーソナルな贈り物が何よりうれしかったです。
どうもありがとうございました。

日本には年賀状とか、お中元とか、お歳暮、あるいはバレンタインやホワイトデーというような習慣がありますが、なんとなく形式先行で、周囲がやるからやる、やらないといけないからやる、というビジネスライク的な発想が時々見え隠れすることがあると思います。
例えば、OLさん達が上司に渡す義理チョコだったり…。
でも、そういう年中行事に関係なくとも、日頃からの感謝を「ありがとう」という形にして伝えると、ちゃんと相手の心にも届くものなんだな、ということを改めて感じました。
伝わった「ありがとう」は、必ずまた別の「ありがとう」として戻ってくるのです。
「ありがとう」の連鎖って、とても素敵です。
どうせ連鎖させるなら、自分の方から発信していきたいですよね。
“サプライチェーンマネージメント”ならぬ、“ありがとうチェーンマネージメント”です。(笑)
9月はマテリアルワールドの創業月でもあります。
もうすぐ丸3年。
いつにも増して、今月は『ありがとう月間』にしたいと思います。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください