本は心の栄養剤

今週末は晴天に恵まれた関東地方。
高速道路が割安になったことや桜が咲き始めたということもあって、みなさんもどこかへお出かけになられたのでは?
僕も今日は地元のフットサル。
いつものコートに着いたら、めずらしく今日は一番乗り!
今日は頑張るぞ〜、なんて思ったんですが・・・、
しばらく経ってもメンバー現れず。あれ?
電話で確認したら、「…、来週ですけど。(電話の向こうで呆れている)」
一瞬だけ、ショック!
でもまあ、そんな日もあるもんです。(笑)
すぐに気持ちを切り替え予定変更。
おかげで、娘たちと室内プールで楽しめました。
さて、
4月から色んな意味で新しいスタートを迎える人が多いと思います。
お正月の新年とはまた違った意味で、スタートの季節だと想うのです。
そうでない人も、ぜひこのタイミングで何かを始めるとか、生活習慣を見直すなんてこともいいのではないかと思います。
もちろん、僕もそうするつもりです。
ということで、そんな季節だからこそ、気持ちの切替、心のリセットにオススメなのが「本」だと思います。
僕も人に自慢するほど本を読む人ではありませんが、それでも一定の投資(お金と時間)はしています。
もっとも手軽に出来る自己啓発の手段だと思いますので、苦手な人もぜひ本は読んで欲しいです。
人それぞれですが、ここ最近の僕のマイブーム、心に効く本を幾つかご紹介します。

「心の翼」の見つけ方
ビジネスバンクの浜口隆則さんがメンタル面について、目からウロコの気づきをくれるはずです。本当の自分に出会うために、心の翼を手に入れられたら本物です。
僕も定期的に読み直す、生き方の教科書のような存在です。

私が一番受けたいココロの授業
比田井和孝さんの授業をリアルに再現してあり、読みやすい。こんな素敵な授業を受けられる学生さんが羨ましい!
仕事をする上での根っこの部分を理解しておくのに最適です。
特に、個人的にはディズニーランドでの2つのトピックが必読。顧客満足度向上、もてなしの心、ホスピタリティーなどの標語を掲げている企業は数あれど、ディズニーランドの超越したレベルの前にはどれも偽物に感じるほどです。どうしたらそんなことができるようになるのか、考えさせられます。こんな企業風土がつくれたら最高です。

奇跡のリンゴ
一番最近、友人に勧められて読んだのですが、一気読みでした!
「奇跡のリンゴ」を食べたくなったのはもちろんですが、木村秋則さんに猛烈に会いたくなります。
9年という歳月。根性というか、執念というか、どん底も更に突き抜けたホントのギリギリの部分まで行って見つけたもの。
家族も巻き込んで、まさに命を削ってたどり着いた無農薬のリンゴ栽培。
この本を読んだあとでは、簡単に物事を諦めることが出来なくなります。
トコトンまでやる、0を1にするというのはまさにこのこと。
木村さんのレベルに到達すると、UFOに乗れるかもしれません。
(詳しくは本で)

心に響く「論語」
定番の論語に武田双雲さんの書。
読みやすく、携帯し易い。
永遠の定番だからこそ、この時期に読むのに最適。
どれも有名で、レアものはありませんが、それゆえ、まだ読んでない人にはぜひチェックしてみてほしいです。
そして何か一つでもそこに気づきがあればうれしいです。
4月から心機一転僕も頑張ります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください