新デザイン=アイデア×行動力

パリに来ています。

展示会での情報収集、新規開拓、右脳の刺激が目的ですが、ストレートに建築だけじゃないので、家具や雑貨、食器やテキスタイルなどから、沢山の刺激をうけています。
スゴイなと思うアイテムは、そこに至る“違った目線・視点・感性”とそれをもとに実際につくってみてしまう“行動力(技術力)”の両方を兼ね備えている気がします。
特に生産技術の進歩により可能になったプロダクトデザインは新たな発想を刺激してくれます。
刺激は展示会場のみならず、パリ市内の様々な場所にも溢れています。
ヨーロッパのロートアイアン、石、教会のステンドグラスやモザイクタイルは宗教や王様という権力があったからこそなしえたであろう超絶的な技法に溢れています。イタリア、ドイツとはまた違ったものがあります。

いつものことですが、海外では会場がとても広く、かなり歩きます。
会場内を移動するシャトルバス、連絡を取り合うトランシーバーの貸し出しがあるというと、その広さを少し想像してもらえるでしょうか?
バイヤーとしては、海外の広い展示会場を数日歩き回れるように、日頃からマラソンやフットサルで運動をしているつもりですが、まだまだです。
今日もこれから情報収集です。
建築・インテリア系の傾向としては、木製品、特に古材や流木のアイテムが多いのがトレンドのような気がします。
写真などもNGのブースも多々あり、全てを記録に残せる訳ではないので、少々記憶のメモリーがオーバーフロー気味ですが、楽しみたいと思います。
みなさんも良い週末を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください