スピーチ上手になりたい

昨日は『アーキテクトカフェ汐留店』にて、何らかの形で建築に関わっている各方面の方々との交流会に参加させて頂きました。
著名な建築家の方から、メーカー、デザイナー、ライターの方まで、各方面でご活躍されている方との有意義な時間は久しぶりに楽しかったです。
それぞれに直接携わっている「もの」、「こと」は違うけれど、一口に「建築」と言っても本当にいろいろな分野の方が総合的に関連しているのだなと、改めて建築の素晴らしさを想う時間でした。
そんな中、簡単な自己紹介ということで時間をもらうのですが、どうも固くて、気の利いたことの一つも言えない自分が情けない訳です。
たった1分でも、瞬間的にその場の空気を読んで上手に自己紹介の出来る人って素晴らしいですね。
日本人は総じてこのスピーチって得意じゃないような気がします。
結婚式での主賓挨拶なども含めて。
(余談:もうそろそろ限界では?結婚式での3つの袋ネタ…。(笑))
一方で、海外の著名な人の挨拶や演説というのは本当に素晴らしい。
今アメリカでは来年の1月に向けて大統領選挙が展開されていますが、民主党から選出されたオバマ候補、そのスピーチはやっぱり人を惹きつけるだけの
圧倒的なパワーを感じます。
歴史に残るメッセージになるのではないかと思うくらい、刺激をうけます。
ネイティブでも無ければ、持っている文化的背景が違っても、鳥肌が立つのは凄い!
マーティン・ルーサー・キング・Jrのあのスピーチの感動に近いものを感じるのは僕だけではないはずです。
ご興味のある方はぜひ!
June3rd MN
一方、日本の著名な方、あるいは政治家の方で、歴史に残る、記憶に残る演説というのがパッと浮かびません。
昨日出された問責決議。この重大時にも危機感が伝わってこないことを日経新聞にチクリと、「フフ、何なんでしょうね。」という、いつも首相フレーズが紹介されていましたけど、この違い大き過ぎますよね…。
話が政治ネタにそれてしまいましたが、
自分自身を振り返って、僕ももっともっとこうした部分磨いていきたいです。
熱いハートを持って、センスのいいウィットを持って。
人間的にも魅力のある人を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください