ごぶさたしないで

「ご無沙汰しています」
このフレーズ、僕もメールで使うことが結構あります。
先日、また昔の仲間に再会するチャンスがありました。この仕事を始めたことで学生時代の親友から、本当に懐かしい人まで、沢山の古き良き仲間、先輩に会うことが出来ています。ちょっとした偶然だったり、努めてそこにもう一度たどり着くために知人を辿ってみたりと、その方法論は様々ですが、ハッキリと言えることはその誰もがみな僕の応援団でいてくれているということです。本当にこれほどの財産はありません。
みなさん、本当にありがとう!
勤め人だった頃、忙しさにかまけて自分から積極的に連絡することもなく、なんとなく疎遠になってしまっていました。その時の職場の仲間以外、なかなか時間を割くことがありませんでした。
みなさんもどれだけ昔の仲間、大切な人に定期的に会えていますか?結構簡単そうで、そうでもないですよね。
年末を迎えて、皆さんにこのメッセージをプレゼントします。
以前にも取り上げましたが、「アメリカの心」からのユナイテッドテクノロジーズの広告です。
マテリアルとは全く関係のない話ですが、今日の僕の気分なので…。
まずは、原文
Stay in Touch
These days,
our lives
are becoming
too impersonal,
relationships
too fragile.
Frendships
should be
nourished,
not allowed
to wither.
So why not
get in touch
today
with someone
you care about.
A high school
classmate.
A neighbor from
your home town.
A former business
associate.
Your scout leader.
A childhood playmate.
A favorite teacher.
Your mother,
brother, aunt.
Make an effort.
Keep the people
who’ve been
important to you
a part of
your life.
Put this paper
down and pick up
a pen or a phone.
You’ll be glad
you did.
どうでしょう?
では、日本語で。
ごぶさたしないで
近頃、
私たちの生活は
あまりにも自分本位に
なってきていて、
人間関係は
あまりにもこわれやすいのです。
友情とは
はぐくむもので
枯れるにまかせてよい
ものではありません。
だから、どうでしょう
今日
あなたが気にかけている
誰かに
連絡してみては。
高校の
同級生。
故郷の
隣人。
かつての
仕事仲間。
ボーイスカウトの
リーダー。
子供のころの遊び友達。
大好きだった先生。
お母さん。
兄貴やおばさん。
努力してみるのです。
あなたにとって
大事だった
人たちを
ずっとあなたの
人生の一部に保つのです。
この新聞を置いて
ペンか電話をとりましょう。
そうしてよかったと
きっと、思うはずですよ。
そう、このブログを読み終わったら、誰かに連絡してみてください。
きっといいことありますよ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください