もうすぐお客様に届くマテリアルたち

本日は、マテリアルワールドのアイテムを採用して頂いた大切なクライアント様の竣工間近の現場から、もう直ぐお客様に引き渡されるアイテムたちをレポートしたいと思います。
まずは、「トウキョウジャケット」。
御採用頂いたのは、株式会社アーネスト空間工房さまです。(http://www.earnest.co.jp)

シンプルで洗練されたデザインの内装に対して、空間の質を損ねることなく、また華美に主張せず、スッキリとした透明感がベストマッチしており、正直ほっとしました。

クリアーなレバーハンドルとの相性も良く、コーディネートセンスが光っています。


外部の光、あるいは照明の光、どちらの場合でもトウキョウジャケットの持つ良さが十分に出ているのではないかと思いました。まさに、こうやって使って欲しかった!という素敵な仕上がりになっており、苦労して商品化した甲斐があったなと、改めて実感した次第です。
次は「トスカーナウェイ」です。
御採用頂いたのは株式会社ウィズ・ワンさまです。
(http://www.with1.co.jp)

コンクリート、レンガ、植栽、そしてトスカーナウェイの石をバランス良く配置したカーポートデザインになっています。

カーポートは普段車が止まっている場合には見えなくなるスペースではありますが、車がない時に映えるデザイン、バランスという点でやはりセンスが問われるところですよね。外構工事というのは、どこでも予算的に厳しいことが多く、限られた予算枠で工夫が求められるのですが、ここでは曲線を使ってコンクリート土間との張り分けを上手にされているという点で私自身とても勉強になるものでした。

そして、同じくトスカーナウェイでもう1件。
御採用頂いたのは、大和ハウス工業株式会社さまです。
(http://www.daiwahouse.co.jp)

薬師台ひかる野という分譲開発物件にて、プライベートガーデンへのステップ部分にピンクとホワイトのツートンカラーのものを使って頂きました。

基礎の高さをしっかりと確保する場合、建物からの出入りに際して1段、あるいは2段ほどステップが欲しくなりますが、その多くは土間コンクリート仕上げのみということが多いと思われます。
今回、この部分に仕上げて頂きましたが、僅かな面積ではありますが、この石があるのと無いのとでは、まったく印象が違ってくると思います。やわらかく、細部まで配慮されている家である、設計者の配慮が伝わってくる、そんな気がしました。

どれももう間もなくお客様へお引き渡しされる物件です。マテリアルワールドのアイテムがこうした素敵なプロジェクトに参加させてもらうことが出来、とても光栄に思っています。クライアント様、そしてお客様の喜ぶ顔を想像すると、うれしくてこちらまでニヤけてしまうものですね。(笑)
過去、僕自身も住宅メーカーに居りましたので、お引き渡しの時というのが一番いいですよね。それまでの苦労もどこかへ消えてしまうというか、いつも、ああこの仕事をしていて良かったな〜と思う瞬間です。
これからも沢山の人に喜んでもらえる様に、喜びの輪を広げていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください