奇跡の木石が生まれる場所

今年のマテリアルワールドはインドネシア出張からスタートしましたが、次の予定地はタイのバンコクでした。
“〜でした”というのはちょっと予定変更を余儀なくされたからです。
マテリアルワールドでは、昨年から海外進出に向けて積極的に展示会への参加なども進めてきましたが、実は、今月末よりバンコク市内で、日本のセレクトアイテムを紹介するアンテナショップにて『ブルックリンランドリール』の発売が予定されていました。
期間限定ではあるのですが、マテリアルワールド海外進出第一弾、どのような反応となるのか、本当に楽しみなプロジェクトの一つでした。
しかし、ニュースでも出ているようにバンコクには非常事態宣言が出され、この企画も遅れが生じています。
今しばらくは状況が読めず…。
非常に残念です。
また、このプロジェクトの詳細がハッキリしたら、このブログでもご報告したいと思っています。
さて、
今日はマテリアルワールドのアイテムの中でも、貴重な資源の一つ、『マダガスカルウッドストーン』の原石(原木?)の様子をお伝えします。
WOOD STONE(ウッドストーン)
その名の通り、もともとは“木材”だったものが永い年月と様々な諸条件が折り重なって、“石材”へ変質したものです。
いわゆる化石に分類される本当に珍しいものなんです。
製品にしてしまうと、なかなか伝わりにくい本来の迫力と、いかに貴重なものであるかという部分が、少しでも写真からみなさんにお伝えできたらうれしいです。





何千年という時の流れがもたらした奇跡、偶然の産物ともいえる貴重な資材。
地球の偉大さと神秘を感じさせるような光景です。
この材料がもともとは木材であったということもハッキリ見てとれると思います。
この迫力に、鳥肌が立ち、ワクワクします。
こんなにもスゴイ材料をマテリアルワールドは提供しているんだ!
僕はそれだけでもうれしくてしかたありません。(笑)
採れなくなれば終わり…、ですが今しばらくは大丈夫。
キセキのキセキ、絶賛販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください