2WAYを可能にするワンエイティー

暑中お見舞い申し上げます!

今週から学校は夏休み。
子供達の長い長い夏休みがウラヤマシイ限りですが、我々大人達は頑張らねばですね。
その分、頑張った後のビールなど、大人だけの特権もありますからね。(笑)
今日も東京地方は激暑&スコール。
短時間とはいえ、雷と一緒にあんな降り方をされると、何にもできませんよね。
ほんとに、外でお仕事されている皆さん、ご苦労様です。
あの雷、電気エネルギーとしてどうにかして充電できないのかな?って思ったのですが、時間が短く、そのための設備に膨大なコストがかかるのでやらないそうです…。
もし効率良く充電できるなら、あのやっかいな雷に対する見方も随分と違ってくるんですけど。
ぜひ、この分野でも未来のテクノロジーに期待したいものです。
ところで、
今日の夕立で、洗濯モノをびしょ濡れにしてしまった方、いませんか?
一人暮らしだったり、共働きでは、昼間は気持ちよく晴れていても、夕立が心配で、外に洗濯モノを干して安心して外出できませんよね。
そんな時、やっぱり便利なのが『ブルックリンランドリール』
昼間不在なら、お部屋を丸ごと部屋干しルームに出来ちゃいます。
なんと言っても、ベルトが4mも伸びますから、8畳の広さがあっても楽々。
15?までたっぷり干せるっていうのも、他の部屋干しアイテムと比べてもダントツの対応力です。
何かと洗濯ものが多いお子さんがいる家庭でも、余裕です。
在宅時に急な夕立があった時も便利。
まだ乾いていない洗濯モノがあっても、ブルックリンランドリールがあるとメチャクチャ便利です。
あと少しで乾くなら、エアコンの風を当ててみたり、扇風機の風をガンガン当てながら乾かしてしまいましょう。
ベルトに開いた“穴”を利用して干せば、どんなに風を当ててもハンガーはズレません。洗濯バサミなどでイチイチ固定する必要もなし!
でも、在宅時にドーンと干したら、洗濯モノが邪魔じゃない?
たしかに、いつもいつも部屋の真ん中を、物干しのベルトが占領していたら、在宅時は不便ですよね。
でも、ブルックリンランドリールなら「2通りの干し方(ベルトの引出し)」が設定できるので、そんな問題もありません。
本体が180度回転式で、専用フックを2個標準でセットしているので、部屋の大きさや形状に合わせて、在宅時用として邪魔にならない部屋のコーナーを利用したり、ベルト長さが短めになる位置にフックを設定することで、使い分けが出来るのです。
詳しくは過去のエントリーで

もはや熱帯雨林化してしまった!?日本の夏。
ブルックリンランドリールで、おしゃれに、上手にスコール対策!
安心の『全額返金保証キャンペーン』8月末まで延長中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください