ミラノ帰りのブルックリン

ゴールデンウィークも終わりました。
みなさん通常モードに戻っていますでしょうか?
昨年はフルマラソンに初チャレンジをしていたのですが、今年はそうした特別なこともなく、穏やかに過ごさせて頂きました。
休み中のニュースで、アリタリア航空の空港職員が預けた荷物からの窃盗などで86人も逮捕されるというショッキングなニュースがありましたが、そんなイタリアから、『ブルックリンランドリール』が戻ってきました。
毎年4月に開催される家具・デザインアイテムの世界最大のイベント、ミラノサローネの開催期間中に、同時開催されたミラノフォリサローネに合同出展のかたちで参加させてもらっていました。
「デザインギルドトウキョウ」という様々なジャンルのデザイナーさんによって構成されている活動が母体となって、今回の展示を企画・運営されており、そこに参画させて頂きました。
残念ながら、会場へ行くことが出来ませんでしたので、直接状況を知ることはできませんでしたが、会場自体は会期中、かなりの人出で盛り上がっていたようです。

デザインギルドトウキョウさんの写真より
様々なジャンルの優れた日本のデザインアイテムが集合していましたが、特にデザイナーの浅野真一郎さんの出展された「線」というシリーズの家具は、イタリア開催の国際コンペで、金賞、銀賞、銅賞というなんとトリプル受賞という快挙だったそうです!
3賞独占、凄すぎですね。
そんな素晴らしい作品や、日本ならではのユニークで質の高い一流作品に混ざって、マテリアルワールドのブルックリンランドリールも、イタリアミラノに行っておりました。


マテリアルワールドは世界のユニークでオンリーワンなアイテムを集めるのが得意ですが、こうしたプロダクトデザインの分野でも、少しずつそのすそ野を広げていきたいと考えています。
そして、こうした日本から海外へ情報発信できる機会があれば、どんどんチャレンジしていきたいと思っております。
現在進行中の別プロダクトデザインのプロジェクトもカタチになりつつあるので、今からとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください