絶妙なズレがつくるシンボリックな存在

ワールドカップが開幕し、白熱する闘いが気になって仕方が無い毎日です。
録画予約しているのにライブでも見たくなってしまいます。
寝不足には要注意ですね。

さて、ワールドカップに負けないくらいマテリアルワールドも熱い毎日が続いています。

『マテリアルワールドタイムズ2』が完成し順次配布しています。

今回も迫力あるタブロイド判です。
今回発行が遅れたこともあり、細部まで何度も検討を重ねて仕上げました。
各ページのリードとなる文章も、それぞれのアイテムの世界観を表現した詩的なものになっています。

是非、気になる方はメールでお送り先をお知らせ下さい。

さて、今日はマテリアルワールドの人気アイテム、テキサスロックンウォールを使った門壁の事例です。

20140615-163015.jpg

20140615-163140.jpg

20140615-163200.jpg

設計施工は『美興プランニング』さんです。

テキサスロックンウォールに木材保護塗料を塗布し、グッと雰囲気のある趣きになっています。

2つの壁が微妙に前後し、かつ左の壁には絶妙なズレ。

赤いポストもシンボリックです。

巧みなデザインセンスがなせる技ですね。

こういう素敵な事例に採用して頂けることを光栄に思います。関係者の皆様ありがとうございました!

木材というだけで、外部を嫌う人がいますが、新建材ばかりでなくこうしたホンモノの素材の良さを知ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください