Let’s DIY テキサス実践編

先日、DIYでテキサスロックンウォールを!というご紹介をさせて頂きました。
今日は、実際に壁面へどうやって施工するか?、オフィスに施工した時の写真で簡単に解説したいと思います。
簡単ですので、ぜひ参考にしてください。

1.貼りたい場所の寸法を計測し、必要な数量を算出しましょう。
シートのサイズは横幅50㎝×縦20㎝です。
office06

2.端部をまっすぐにしたいところは、ノコギリで切り落としましょう。それ以外は左右が連続してつながる格好になっているので、継目も目立たず、簡単に施工できます。
いわゆる普通のノコギリが安全です。電動ノコギリを使う場合、カットした小さな破片が飛びますので、板を被せるなどして、十分に注意して下さい。
office00

3.メッシュシートの上から、接着剤を「1つ1つのピース全てに」行き渡るように塗ります。接着剤は沢山使うので、コーキングガンで使うような大きなものが便利で安いです。コーキングガンはホームセンターで数百円で販売しています。メッシュはあくまで仮のものですので、ここではきちんとすべてのピースに接着剤が行き渡ることが大切です。接着剤の指定品は特にありません。木製用のものでOKです。
office01

4.接着剤が乾くまで、およそ1日くらいかかります。それまでの間、剥がれて落ちてこないように、附属のフックを利用するのが便利です。ですが、コンクリート場合、ビスや釘が打てませんので、そんな時は写真のように、両面テープの併用が便利です。
3_3000x2250

office03

5.横に貼る場合、水平を確認しながら貼りましょう。途中途中で水平を確認しながら進めます。
office04

office02

6.完成です!そのままでもイイですし、好きな塗料で塗っても楽しいです。
office05

簡単ですよね?特殊な電動工具も要りません。
また、素材の表面がそもそもラフな仕上がりですので、多少のズレ、隙間などは最初からある程度あります。ですので、施工の際にも神経質になる必要がありません。

貼りあがった壁は一面大きな掲示板代わりにもなります。
時計、カレンダー、ポスター、メモなど、好きにデコレーションしてみてください。

IMG_3552

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください