♪飾りじゃないのよ光はソーラー♪

今朝の東京地方の濃霧はすごかったですね。[:曇り:] 赤坂の空もかなりキリがかかっていました。
濃霧だったということを後で知るまではどこかで火事でもあったのか?くらいに思ってしまったほどです。
そして昼間はまるで春の陽気を思わせるような暖かさで、とても気持ちがよかったです。こんな日は、ソーラーブリックも充電日和です。[:おてんき:] ソーラーブリックというと、そのほとんどは床埋め込みとして使われています。このブログでも何度もご紹介していますが、例えば、エクステリアのアクセント照明として、アプローチの誘導灯として、公園や広場の演出照明として使われていますよね。
あまり他社製品のことを引き合いに出すのは気がひけますが、この種の商品の多くは今朝のキリに包まれた太陽のように、なんだかモヤっとした、点いているのかどうかもスッキリしない光だったりします。
(どれも同じじゃないんですよ。)
あくまで“演出”、あるいは“飾り”ということであれば、それでも許されることもあるのかもしれませんが、その光に役割を持たせたいとなると、光量が足りなくなるのです。
マテリアルワールドが扱っているソーラーブリックは、その明るさには定評があり、第一線でご活躍されている照明デザイナーの方や、ランドスケープデザイン事務所などをはじめ、いわゆるプロの皆さんからも高い評価を貰っています。
キリッとしたソーラーブリックの高輝度LEDの輝きは、比べてしまうと一目瞭然だからです。
だからこそ、単に飾りでなく、光に役割を持たせることが出来るのです。
前回ご紹介した公園の池の周囲に設置された柵に組み込まれたソーラーブリックなども『安全性』という役割を付加しています。
『太陽光がくれる景観と安全』
今回ご紹介するのは、個人住宅の門柱とカーポートの壁面に設置した例です。



どれも立面への設置です。
カメラ付きインターホンの近く、あるいは表札の近くにあることで、照明としての機能をここでは持たせています。
カーポートの柱も、バックで駐車する際のドアミラーで見える高さに合わせてあり、幅を確認する上で目印としての役割を担っています。
どうでしょう?
ここではどちらかという演出性よりも断然実用性にポイントが置かれていると思いませんか?
演出なら、もっと派手にイルミネーションのように沢山付けてもいいですよね。(笑)
このような実にシンプルな使い方が出来るのも、高い性能を保持するソーラーブリックだからこそなのです!
自分で言うのもへんですが、やっぱりソーラーブリックってスゴイです。

SBH100F
【追伸】
ちょっとおやじギャグ的なタイトルとなってしまいましたが、若い方には伝わりましたでしょうか?(苦笑)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください