厳選素材×デザイン力

今日は11月最初のビジネスマンデーでしたが、明日が祝日のためでしょうか、心なしか赤坂もいつもより静かな一日でした。
もしかしたら、ぐっと冷え込んだ気候がそう想わせるのでしょうか?
さて、
今日もまたうれしいニュースとお知らせです。
マテリアルワールドがいつも大変お世話になっている『デザインオフィス ウィズワン』さんの新しいモデルルームが、駒沢住宅展示場にオープンされました。
おめでとうございます!
早速、僕もお邪魔させて頂きました。

強烈なインパクトのあるエントランス。
駒沢住宅展示場というと、各社のフラッグシップ的なモデルルームがズラリと揃った場所で、どれもレベルの高さを感じさせるところで、場所柄、見学する方も目の肥えた方が多いと思います。
そんな中でもウィズワンさんの新しいモデルルームは、見どころ満載で、アイデアや斬新さ、素材のチョイスと使い方、意外性と大胆さ、自然素材への強いこだわり、自由な発想とデザイン力の高さが出ており、他社とは一線を画した独自の色がハッキリ表現されていると思います。

ハウスメーカーでありながら、標準モデルがなく、一棟一棟オリジナルデザインを構築していくスタンスはデザインオフィスの名前の通りです。
非常にユニークなスタンスを確立されていると思います。
モデルルームを見渡しても、あまり建材メーカーの「既製品」というものが見当たりません。
強いて言うなら、ダウンライトなどの照明器具と便器等ぐらいでしょうか?
そして、何と言っても、素材へのこだわり方が徹底しているところが特筆すべき点だと思います。
天然石、天然木、鉄、セルロースファイバー、漆喰など、モデルルームを見回しても、ほとんどの部材に化学物質が見当たらず、ダイニングテーブルや打合せテーブルも無垢板のゴツクてデッカイやつが天板に使われていたりします。これだけでもかなりの迫力です。
一般的に、効率化の観点から建材メーカーの既製品を選んで組み合わせることが多い中で、「一部だけに自然素材を用いる」程度になってしまうのがオチですが、ウィズワンさんの場合は全く逆と言っても過言ではありません。
一言で言うなら、
『自由だけど、ブレない芯がある』
そんな感じでしょうか?
まさにマテリアルワールドとしても見習うべきところです。
そんな素材やデザインに大変厳しく確固たるスタンスを持ったウィズワンさんの新しいコンセプトモデルハウスに、マテリアルワールドのアイテムもいくつか参加させて頂いていることを大変うれしく、とても光栄に思います。


外部には、トスカナーウェイのペブルとソーラーブリック。
水中照明として、流れる水の夜の演出に一役買っています。

ウィズワンさんのオリジナルプレート「ウィズゼロワン」は製作のサポートをさせて頂きました。独特の素材感が特徴です。

浴室やニッチ(収納棚)の天然大理石も、調達面でのお手伝いをさせて頂いております。それにしても、こんな浴室、いいですよね。
他にも、ヨーロッパの建物を彷彿させる外壁、ド迫力の階段室の木の壁、壁から突き出た大断面の木の階段、木片を無数に貼り並べた壁、ダイニングからデッキへ続く大きなテーブルなどなど、見どころ満載です。
みなさんにも、ぜひ一度、このモデルルーム体験して欲しいと思います。
「ハウスメーカー」と聞いて想像するイメージをいい意味で壊してくれると思います。
施工途中の面白いエピソードなどは、ウィズワンさんのブログで紹介されているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。
もし、遅い時間帯に行かれた方は、ソーラーブリックも見てみてください!
『ウィズワンブログ』
『デザインオフィス ウィズワン』
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください