「ソーラーブリック」on日経新聞!!!

マテリアルワールドからまたまたうれしいニュースです!
マテリアルワールドが日本の総輸入元として扱うEPPSCORE社の『ソーラーブリック』。マテリアルワールドの2008年一押しアイテムとして展開中で、もうこのブログでも時々ご紹介していますのでみなさんご存知ですよね。
(まだ知らない?!という方、ぜひ過去のブログをチェックしてみてください。)
2月に開催されたJKフェアでも大きな反響があったのですが、本日なんと日経新聞埼玉版に記事として紹介されました!!!
埼玉県にて日経新聞をご購読されている方、ぜひチェックしてみてください。
このソーラーブリックの販売代理店としてお取引させて頂いています東和産業さんの働きかけで実現したものです。
記事としては東和産業さんをフューチャーしていますので、直接マテリアルワールドの名前は出てきませんが、写真はまさに僕が三鷹の物件で撮影したものです。(笑)
ソーラーブリックはこれからますます多方面に展開していく予定です。
類似品も多数ありますが、この種の中ではダントツに世界ナンバー1クオリティなんです!これホントです。
しつこいようですが、今一度ここでそのずば抜けた特徴をお知らせします。
●太陽光による蓄充電方式なので、電気配線不要の外構照明器具。
 つまり、電気代ゼロ。Co2だって出しません。施工も簡単です。
●LED、スーパーキャパシタ(自社生産、特許)による長寿命設計。
 球換え、バッテリー交換、その他面倒なメンテナンス要りません。
●防水型、耐荷重型であり、水中照明、駐車場、アプローチなどOK。
●ソーラーブリックだけが持つ「ハイブリットシステム」(特許)による連続48時間発光可能。次の日の朝までちゃんと光ってます。
●単体でも自動的に色が切り換わるタイプあり。商業施設にもバッチリ。
●オプションで、図柄や文字なども表現可能。
 表札、案内板、その他多様な用途が考えられます。
製造元のEPPSCORE社はイギリスのLED販売関連の大手とも業務提携しましたし、アメリカでは販売を「LG」の子会社が扱い、ペンシルバニア州立大学のキャンパス、及びキャンパスタウンにも大々的に採用されることになっています。
日本マーケットも負けていません。
現在、これまでのお客様から頂いたご要望を受けて、商品のリニューアル中です。商品バリエーションの拡充と、金型変更による施工性、デザイン性の向上も図っています。
これらのきめ細かい対応は日本向けならではです。
ぜひ、ソーラーブリック注目して下さい!!!
過去ブログの写真から。









 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください