トラディショナルの中の新しさ

10月の3連休、みなさんはいかがお過ごしですか?
最近は「秋バテ」なんて症状があるそうですね。
季節の変わり目、楽しく元気にありたいものです。
僕はといえば、この時期の花粉症!に若干煩わされていたりしますが、日々元気に走り続けています。
さて、2010年はマテリアルワールドの『シエナスタイル』において、アイアン(鉄)でなくアルミのプロジェクトがどんどんと増えているのが特徴ですが、今回もまた一つフェンスと門扉をアルミで製作をさせて頂いた素敵な物件をご紹介します。

場所は横須賀。

アルミとは思えない質感の窓手摺。
逗子や葉山を中心とした神奈川エリアで“女性専用アパート”のプリマシリーズを展開されている「スターホーム」さんの物件です。
コンセプトが明解で、オーソドックスでトラディショナルなスタイルが魅力的。設計的にも全室にロフトを設けるなど、2×4構法の集合住宅でありながら、高さ方向の間取りの組み合わせ方が見事です。
1階の部屋でも天井がとても高く、大き目のロフトが特徴。板張りの腰壁、部屋にはおしゃれなシーリングファン(天井から吊り下がった大きな羽が回転するヤツ!)も標準設置されています。
内外装共に、クラシカルでトラディショナルなポイントを捉えた素敵な装飾となっているのですが、決してゴテゴテし過ぎず、バランスの良さが特徴的です。
また、アパートにとっての“コスト”は、建主であり貸主であるオーナー側にとっても、また、その部屋を借りる・住まう側にとっても重要な要素ですが、このプリマシリーズはどちらにとってもハッピーなコストパフォーマンスの高いモデルとなっていて、大変人気のあるシリーズになっています。

このシリーズのために新たに書き起こした門扉デザイン。
ちゃんとオートロックシステムなども完備されていて、見た目だけじゃない女性専用アパートとして機能も整備されています。

この横須賀の『プリマ十番館』では、シエナスタイルだけでなく、トスカーナウェイもご採用頂いており、相性の良いこのマテリアルワールドのツートップアイテムが全体の世界観づくりに一役買っているのではないかと思うと、うれしい限りです。

さらには室内に便利なインテリアハンガーも設置されています。
こんな物件なら、将来、娘の一人暮らしの際の部屋として、親としても問題なくOK出来ちゃいますね。
まだまだ先のことですが、我が家にもそんな日がいつか来るのかも?と思うと、ちょっと複雑な心境ですが…(苦笑)。
コストや効率ばかりが優先してしまい、どこか薄っぺらい、特徴のない、コンセプトなど存在しないアパートが多い中で、このようなスタイルの物件はうれしいものです。
街の表情も豊かになりますし、きっとココに住む人もウキウキ、ワクワク出来るのではないでしょうか?
マテリアルワールドとしても、こういうプロジェクトに参加することで、日本の建築を楽しく盛り上げていけたらと思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください