小さくてもキラリと光る存在

気がつけば、コンビニや飲食店を中心に、外国の方の店員さんがとても増えて、その国籍も多様化してきていますよね。
とあるお寿司屋さんでの会話…。
お客さん 『湯呑(ゆのみ)ください。』
店員さん 「What’s that?」
お客さん 『ゆのみください。』
店員さん 「What?」
お客さん 『ゆ・の・み』
店員さん 「・・・・・・?」
お客さん 『YU・NO・MI!!
店員さん 「I don’t know you.」
失礼しました!(笑)
最近、落語が僕のマイブームでして、飛行機での移動ではもっぱら落語を聞いています。これは前口上で聞いたネタです。
特に僕のお気に入りは志の輔さん。
古典ではなく、オリジナルのものです。
『はんどたおる』『みどりの窓口』などは最高です。
ご存じの方には有名ですが、まだ知らないという方、ぜひ!
ただし、飛行機や電車の中で聞くのはご注意ください。
笑いが堪えられないので、絶対に怪しい人に見えてしまいます。(笑)
笑いは体にいいとも言います。
落語というと、普段とてもお世話になっている『やまぐち薬局』さんでは、お店で落語を開催し、ご近所の方をご招待される社会貢献をされています。
とっても素晴らしい活動ですよね。
マテリアルワールドもみなさんに笑顔になってもらえるように、笑いの追及も忘れずにいたいと思います。
さて、
今日はそんな前置きとは全く関係なく、
マテリアルワールドの最近のお仕事から、とてもキュートなアイテムのご紹介です。
ボディは小さいのですが、とっても可愛くて、それでいてクオリティーもしっかりした逸品です。


花びらの形をモチーフにしたレバーハンドルです。
かわいいですよね!
このキュートなデザインはデザイン事務所のUAO(Urban Architecture Office)さんによるモノです。
でも、製作個数は1個だけ!
こういうオリジナルの製作ものは、個数が少ないことが多く、どうしても割高になってしまいがちです。
あるいは金額の問題以前に、そもそも相手にしてもらえない、つくってもらえないということの方が多かったりすると思うのです。
もちろん制作側にとってみれば1個だけというのは正直大変です。
厳密に言ったら、ぜんぜん割にあいません。
1個だけ、なおかつリーズナブルな価格で提供し、こういうユニークかつ難易度の高い製作をアイデアで終わらせず、実現のものにさせるには時間も労力もかかります。
でも、僕はこういうことが大好きです!
だからこそ率先して職人さんや工場と、デザイナーさんとの間に立って、毎回なんとか折り合いをつけて、こうしたプロジェクトを実現させるためにいつも奔走しています。
それは国内のみならず、海外メーカーと国内デザイナーさんの橋渡しをすることも少なくありません。
現在も韓国やインドネシアと毎日のようにオリジナルリクエストに対して、ああでもない、こうでもないと電話やメールで喧々諤々やっております。
それこそが僕の使命、マテリアルワールドのレゾンデートルの一つであると思っています。
こんな楽しいアイテムを担当させて頂き、UAOの皆さん、本当にありがとうございます。
次のプロジェクトも楽しみです!
前回も言いましたが、
ぜひ全国のデザイナーのみなさん、他にはない新しくて楽しいものを一緒につくっていきましょう!
アイデアの実現のために、マテリアルワールドが最大限お手伝いします。
今日ご紹介した小さなハンドルのように、
マテリアルワールドも、小さくてもキラリと光る、そんな存在でありたいと思っています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   Just For You 2011
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
他の誰でもない、あなたのために
心をこめて、マテリアルワールドから感動を届けます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください