魂と命の吹き込まれた作品 後編

今日は、前回の続きで、どうしても僕がグアムにシエナスタイルを見に行きたい、その訳をお話します。
グアムの2大プロジェクトは6月から7月にかけて製作されたものでした。
過去、経験したことのない短い製造工期で、本当に全てが大変でした。
(とは言っても、僕自身は組み立てをするわけではないのですが)
過酷な条件下、製造スタッフは本当に素晴らしい仕事をしてくれました。
今回、製造スタッフを増員(ピーク時には10名)し、溶接機械を新たに購入して増やし、毎日深夜まで作業時間を大幅に延長し、もちろん休日も返上し、40日間しかない工期で寝る暇も惜しんで作業スタッフが従事してくれたのです。
すべてのパーツが手作りのシエナスタイルを、この規模で、40日間でやり遂げるというのは普通では信じられないような工期なのです。
マテリアルワールドのシエナスタイルは主にその製造拠点を上海に置いています。
工場長のOさん以下、実際の製造スタッフはすべて現地中国の方です。
あくまでも僕のつたない経験の範囲ですが、
一般的に、中国の方でここまで献身的に突貫作業的なことをしてくださるのは異例です。
彼らを説得し、動かせるだけの信頼関係がなければ、決して動いてくれないはずです。
これは日頃から総監督であるWattyさん(日本人)をはじめとするチーム全体の団結力がなければ到底実現しません。
このことだけでも奇跡に近いことだと言えるのですが、
僕にとって、このプロジェクトが一生忘れることの出来ないものになる、ある重大な出来事を後になって知ることになるのです。
工場長のOさんは、20代後半とまだ若く、同じく20代の奥様がいます。
製造も後半にさしかかり、出荷まであと1週間ほどという大詰めを迎えた頃から、工場事務所のソファーに奥様が横になっていることが多くなりました。
周囲も、この頃、夏本番で毎日灼熱でしたので、自宅にはクーラーがないという理由から事務所に来ているのかな、という程度の理解でしかありませんでした。
事務所でずっと横になっている奥様をケアしつつ、工場長であるOさんは率先してメンバーを指揮し、毎日深夜まで奮闘し、最終工程の重要な塗装仕上げにあっては全て自身で担当し、最後の最後まで現場を離れることはありませんでした。
全ての作業が終了したのが、7月22日の夜。
翌23日に、Oさんは奥様を病院に連れて行きました。
そして、残ったメンバーが梱包作業を終えて、商品をコンテナに載せて出荷するまさに24日当日の早朝、奥様は他界されたのです。
以前から体調のすぐれなかった奥様に最期が迫っていたことを、Oさんは知っていたのですが、それでも最後まで現場を離れることなく、工場長としてその責任を果たすことを優先してくれたのです。
少しでも長く最後の時間をとるために、事務所に連れてきていたのです。
彼が現場を離れていたら、約束の工期には間に合いませんでした。
それが分かっていたからこそ、彼はそんな状況下にあっても、現場を離れることなくやり遂げてくれたのです。
僕らには一切そんな事情も告げずに。
僕にも愛する家族がいます。
最愛の人に残された時間がないと知りながら、自分が彼の立場だったら、自分にはそんなことが出来ただろうか?
その場を離れずに、続けられただろうか?
どんなにか二人の時間を取りたかっただろうか?
もっと早く病院に行っていたら…
それを考えただけでも、胸がはち切れそうなほどに痛くなります。
たとえ助かることがなくとも、もしこのタイミングでこの仕事がなかったら、もう少し二人でゆっくり出来たのではないかと思うと、言いようのない罪悪感にさいなまれてしまいます。
責任を果たす
プロフェッショナルの仕事
命をそぎ落として取り組む
魂を込めて…
普段、何気なくそんなことを口にする機会もありますが、Oさんの前ではどれも吹き飛んでしまいます。
Oさんが僕らのために、このプロジェクトに携わる多くの人のために、最後まで尽くしてくれたこの仕事のことを、この先僕がどうあろうとも、一生忘れることはありません。
国境を越えて、こんなにも素晴らしい仲間に恵まれて、本当の意味で世界一のロートアイアンが提供できたこと、心から誇りに思います。
くしくも、出来上がったものはチャペルのメインゲートです。
Oさんと奥さんの二人の愛と魂と命が吹き込まれた作品は、きっとグアムの地で、沢山のカップルの門出を祝福すべく、永くながく愛されるものになってくれるはずです。
僕はそれをこの目で確かめ、しっかりとこの胸に刻み込み、これを広く伝え、これからどんな苦境にされされようとも、自分の心の糧として生きていこうと思っています。
そのことが、僕の使命でもあると思っているのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください