海外のスイッチプレート事情

朝晩キリッとする寒さですが、本日も快晴の東京地方。
日本海側のみなさんの大変さを思うと、申し訳ないくらい東京地方の僕はラッキーです。ありがとうございます。
マテリアルワールドのこのページは「カラメル」というショッピングサイトでもご覧頂けるのですが、そのカラメルで今月末まで『世界一周雑貨バイヤー募集』という企画をやっています。
買い付けルートなども自分で企画立案できるようで、さらに報酬はMAX200万円!とのこと。
最近新しい商材探しの旅へ行けていないこともあり、僕もメチャクチャ興味があるのですが、さすがに2ヶ月くらいの長期出張はできないので応募できませんが、もし我こそはと思う人はチャレンジしてみては?
人生の転機になるかも?!
世界一周雑貨バイヤー募集
さて、
マテリアルワールドのフラッグシップアイテムと言えば、『TOKYOジャケット』『KOBEプレート』です。
これらは海外から買い付けたものでなく、マテリアルワールドのオリジナル品として日本国内で製造しているものです。
日本では、設備機器の“備品”として片づけられてしまうアイテムに対して、なんとかしてそのデザイン性の確立をしたくて、創業して初めに取り組んで以降、今でもずっと追求しつづけています。
僕の経歴をさかのぼれば、もともとゼネコンの設備設計をしていたこともあり、当時から設備機器のデザイン性の無さにフラストレーションがありました。
もっとさかのぼれば、父親が電気設備工事士であり、小さい頃から電気設備のカタログを見たり、備品などが身近にあったことも影響しているかもしれません。
でも、一番大きな要素は海外での生活を通じて海外の優れものを見たり触れたりする機会に恵まれ、種類豊富な海外製品の情報を得ることができたからだと思います。
今日はそんな中から、ほんの少しだけそれらの一部をご紹介したいと思います。(詳しくはリンク先のサイトで!)

GIRA(ドイツ)
スイッチ・コンセントのみならず、インターフォンや感知器に至るまで、デザイン性の高いアイテムしかありません!
ここの会社の商品全てがGOODDESIGN賞と言ってもいいかもしれません。
特にインターフォンのフォルムはメチャメチャカッコイイです。


Eclettis(イタリア)
メタリックでシンプル&クールなデザインは全ての商品に一貫して採用されていて、サイン標識などもオシャレなデザインで統一されています。
次の2社はカバーの種類が豊富です。
同じデザインで、金属、ガラス、木材、皮など素材も多岐に選べるところがスゴイです。どちらもイタリア。(イメージなし)
VIMAR(イタリア)
Bticino(イタリア)
このように、ヨーロッパ系はオシャレなアイテムが多いのですが、アメリカではデコラティブなものが中心で正直オススメはありません。
その中でもまあまあアンティーク調で雰囲気があるのはここ。

Artifaqt(ペンシルバニア)
最後に、
これはオマケ的ですが、作る側がやりたい放題なのはココ。

Esty(サンフランシスコ)
よく読むと在庫切れだと、納期48〜72日なんて表示もあるので、完全なる作り手の趣味の世界?!(笑)
さて、ほんの少しだけですが、どうでしょう?
日本製品にはない魅力や面白さが海外製品にはあると感じませんか?
こういうアイテムは規格があるのでそのままを輸入しても使えません。
もっと多彩にいろんなものがあってもいいと思うのですが…。
誰もやらないならマテリアルワールドがつくる、あるいはメーカーと交渉して日本バージョン向けを作ってもらうというようなことをこれからも地道に続けていきたいと思います。
素敵な週末を!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください