本当の宝ものはお金では買えない

忘年会シーズンが到来し、ここ赤坂でも夜は沢山の人たちで溢れています。
僕も昨日は三井建設時代にお世話になった先輩、同期、後輩とのとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
もう退職して14年にもなるのですが、そんな時間の長さなんて少しも感じさせない僕にとってはかけがえのない仲間たちです。
僕以外にも転職しているメンバーもいますが、それぞれの場所で、みんなすっかり指導的立場になって、少しだけあの頃より大人になった気がします。
この2か月弱程、ずっと禁酒状態だったので、すっかり2次会ではダウンしてしまいました。みなさんごめんなさい。
それに、帰りに財布を落としてしまうという大失態をしてしまったのですが、なんと新宿駅の遺失物所に届いていました!
なんて親切な方がいるんだろうと、安堵と同時にメチャクチャ感動しました。直接お礼を言いたいのですが、誰だかわからないので、この場でお礼を申し上げます。
財布を届けてくださった方に本当に感謝です。ありがとうございます!
人のやさしさに触れた出来事でしたが、ここ最近は人のつながり、絆、ご縁のありがたさに深く感謝する日々が続いています。
僕は建築資材という宝物を探しだし、それを買い付けてくるという旅を続けていますが、僕にとっての究極の宝物はお金では買えないものです。
それは、人との出会い、素敵な人とのご縁、つながりだと思っています。
最近、その想いは強くなるばかりです。
全世界70億人近い人がいる中で、人生で知り合えるほんの一握りの方達との出会いというキセキに感謝して、大切な絆を、これからも大事にしていこうと思っています。
これから年賀状に取り掛かりますが、今年は700枚。
ハガキを届けるのではなく、気持ちを届けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください