サッカーを愛する人に垣根なし

梅雨の合間に天候に恵まれた日曜日、お台場で行われたチャリティーイベント『ユニバーサルフットボールジャム』に参加させて頂きました。
昨年に続いて2回目でしたが、今年も本当に楽しく盛り上がることができました。関係者の皆様、素晴らしいイベントを本当にありがとうございました。
このイベントの実行委員長でもあるのが、日本代表のゴールキーパー川島選手!先日のキリンチャレンジカップでの闘志あふれる姿とは異なり、終始笑顔の穏やかなものでした。

他にも、フットサル日本代表の小暮選手他、サッカー好きな人なら誰もが憧れるアスリートの皆さんが集結。
今回はセパタクローの日本代表選手のデモンストレーションなどもありました。
サッカーを知る人であれば分かると思いますが、オーバヘッドキックは1試合で1回あるかどうかの技。
でもセパタクローでは必須のテクニック。
強烈なキックをしたその足で着地をするのですから、完全に1回転してます!
ブラインドサッカーもやっぱりスゴイ!
アイマスクをつけて、まったく見えない状態のブラインドサッカーの日本代表選手たちが、目隠しなしの普通の状態で挑んだ川島選手他のアスリートチームとの対決でも、ほぼ互角の試合運びなんです。
このイベントに参加した子供たちの多くは、何らかのハンディキャップを持っているのですが、本当にみんな楽しそうでした。
みんなそれぞれにおかれた境遇はあるのですが、サッカーというのは本当にそんなことを忘れさせてくれるスポーツだなと実感します。
すごく楽しかったです。
今年は僕も、手話を習っている娘から簡単な挨拶を教えてもらっていたので、チームメンバーの子と少しだけ意思疎通を図ることができました。



川島選手をはじめ、グランドの外でもみんなの憧れとなる存在であり続けるアスリートの皆さんを心から尊敬します。
こうしたイベントを企画運営されるスターパワーの皆さんも素敵です。
マテリアルワールドも近い将来、こういう素晴らしい社会貢献活動を支えるオフィシャルのサポーターになれるように、本業で頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください