小さな国の大きな舞台で

先週末、大型台風の中、シンガポールから戻りました。
羽田に着陸寸前ギリギリで、ゴーアラウンドする(やり直す)!という若干の冷や汗もかきつつ、無事に戻ったのですが、オフィスに戻ってみると、やることが山積みで、台風は過ぎ去っても、頭の中はずっと嵐が吹き荒れ、プチパニック状態が続いている感じです・・・。
シンガポールでの初の本格的海外出展。
実は、新婚旅行でも来たのがシンガポール。
当時はまだ26歳と若く!、英語なんてまったく出来なかった自分が、今こうして展示会に出展するなんて、人生って不思議なものです。(笑)
3日間で、50件を超えるバイヤーさん、建設会社、コンサルティング、その他の方達とやりとりができ、またシンガポールのみならず、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、インド、オーストラリア、インドネシアなどから来ていた方とも情報交換ができ、とても有意義でした。
また日本からいらしていた方や現地法人のある日本の方とも名刺交換ができました。
シンガポールは小さな国ですが、物流の拠点でもあり、人や情報も沢山集まる、そんなハブ的存在の場所なんだなと感じます。
そんな場所で、正直、どれほどのリアクションがあるものなのか、まったく未知数でしたが、結果はかなり好印象・好評価を頂けたと感じています。

何事もチャレンジですね。
今の自分の実力では無理かも?と思える課題に、少々背伸びするくらい頑張って、時に思い切ってジャンプして、そうやって転びながらもハードルを越える度に、気が付くと少しずつ成長できるものなのかもしれないと、改めて振り返っています。
もちろん、これからが大切であり、フォローして結果につなげて行かなくてはなりませんが!
さて、
今日はそのシンガポールにてランダムに撮った写真です。
あまりゆっくり観光する時間もなく(当然ですが)、また、僕の気になったものセレクトなので、内容バラバラですけども、雰囲気だけでもお伝えします。
シンガポールのデザイン、随所にイケてる印象でした。

空港の公衆電話

よくあるパターンだけど、いい感じ

塗料のタレ具合が絶妙

工事現場の入口ゲートもオシャレ

空き地に面した壁のグラフィック

トイレのサイン

建物をつなぐデザインが多い

建物の緑化も多く、これはかなりの規模

コンパクトにいい感じ

色の混在具合に、シンガポールらしさが出ている

最後はお決まりのスポット
【おまけ】
シンガポールって地球儀で見ると、経度的にかなり日本とは離れていますが、なんと時差は1時間しかありません。
インドネシアやベトナムは2時間なので、ちょっと意外ですよね。
朝は暗く、夜は遅くまで明るい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください