遊び心を持ち歩こう

世の中のデザインには本当に様々なものがあるものですね。
まだまだ勉強が足りてません。
何をいまさら!
と突っ込みをもらいそうですが、先日とてもキュートで楽しいものを発見しました。
それは、
レイ・リケットのバッグです。
著名人の間でもどうやら評判のようですが、僕は全く知りませんでした。
みなさんは知ってますか?
「バック」という小さなステージに表現されるアートな世界は楽しいの一言に尽きます。
ちょっと見てみてください。
reiricketts
見ました?
どうです?
飾っておくだけでも楽しいですけど、実際にこれを持って街に出たらメッチャ楽しいでしょうね。
こういうある種無邪気なくらいの「大人の遊び心」というか、自由さがとても斬新に感じます。
これを持ち歩けるには、服装や髪形のセンスはもちろん、人間性も含めてユニークさを持ち合わせていないと完全に負けちゃいそうですけども。
僕はこのデザイナーさんを知りません。
男性なのか女性なのかも知りえないのですが、先日ショップで見かけてびっくりでした。
実際に買っていく人もいるんですからさらにびっくり。(失礼!)
マテリアルワールドの「TOKYOジャケット」も自分では好きなことを形にしたニッチな路線だなと思っていましたが、こういう商品に出くわすと、まだまだ全然突詰められていないな、と打ちのめされます。
もっと自由に、とことんやっていいんだなって思います。
創る側のワクワク感とか、楽しさとか、ユーモアがちゃんと伝わってきますよね。やっぱり仕事の原点って好きかどうか、これに尽きます。
使い勝手?
アートな世界にそんな野暮なこと言っちゃいけません。(笑)
このレイリケットのトランクで仕事の打合せに行き、書類を取り出すときに中を見えるようにパッと開けたら、一気にその場が和みそうです。
そういう「しゃれた演出」が似合うカッコイイ大人憧れます。
(勇気が要りますけど…。)
こういう楽しいアイテムを素直に楽しいと思える感性をいつまでも大切にしたいと思っています。
それにしてもデザイナーがどんな人なのか気になります…。
みなさんも何かHAPPYを見つけられる、そんな週末をお過ごしください。
Have a happy weekend!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください