遊びゴコロはいつまでも

先日、テレビで吉野家1号店の常連さんによる看板に書かれていない“裏メニュー”について見ました。
僕も「つゆだく」程度は知っていましたけど、「つゆだくだく」「ねぎだくだく」「ネギ抜き」「あたま大」などなど、そんなのアリ?!っていうメニューがありました。
中でも極めつけは「肉抜き!」です。
つまり、牛丼屋さんなのに、肉なしで、玉ねぎだけの「玉ねぎ丼」!!
まさかと思うけど、注文している人がいました。(笑)
(*全店舗で通用するのかは不明。)
そんな知る人ぞ知るみたいなことってあるんですよね。
ちょっと次元の違う話かもしれませんが、先日、銀座で信号待ちをしていたら、ふと足元のインターロッキングブロックに1つだけ模様のついたものを発見!

何千、何万という数で敷きつめられるインターロッキングブロックの中に、デザイナーがしかけた“遊びゴコロ”を発見したような気がして、すごく楽しい気分になりました。
そのあと、気になって足元ばかりを見ながら歩いてしまう僕でしたが、こういう言わないと分からないような裏の仕掛けというか、知る人ぞ知るみたいなことって、ワクワクしたり、ズキンッと心に響いたりします。
なんでもない舗装が急に違って見えてくるから不思議です。
単なるメモリアルとしてかもしれませんし、デザイナーのイタズラかも知れませんし、ここを通る人へのメッセージかもしれませんし、はたまた何かゲームを仕掛けられたのかもしれません…。
本当のことは分からないけれど、“ちょっと違ったセンス”がそこにあることは間違いないと思うのです。
僕もトスカーナウェイの大理石の小片の中に、何万個かに1粒だけハート型の石を入れるとかやってみようかな?なんて思ったりしました。(笑)
大人になるにつれてだんだんと忘れてしまう子供の頃の無邪気さ、素直さと同じように、会社もだんだんと年数が経つにつれて“普通”になっていってしまうことってあると思います。
ひるがえって、マテリアルワールド。
人を楽しませたり、幸せな気分にさせたり、人を笑顔にさせたり、そんな当たり前のことを馬鹿げているほどに徹底的に掘り下げて、いい意味で優等生じゃない、ラスト10%のツメを忘れない、そんなユニークでオンリーワンな存在でありたい…と想いを新たにしました。
一度、怒られるまで掘り下げて?!みようかなと思っています。
でも意外と自意識過剰で、誰も自分が思うほど気にも留めていなかったりするんですけど…。
そろそろ年末に向けて騒がしくなりますが、みなさんも忙しい時ほど遊びゴコロをもって、何事も楽しんじゃいましょう!

昨日見た富士山、綺麗でした…。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Always Happy First 2010
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2010年もたくさんの笑顔に会えるように、
ユニークでオンリーワンなマテリアルを通じて、
みなさんにHAPPYを届けます・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください