ハンドメイドvsマシンメイド

クリスマスイブですね!
聖なる夜、みなさんはどこで誰と過ごしているのでしょうか?
我が家では、
昨日一足お先にホームメイドなプチクリスマスパーティーをしました。
毎年、クリスマスケーキは買っていたのですが、いつも美味しいケーキ屋さんでも、なんとなく繁忙期のケーキは通常の時より味が落ちているような?!そんな気がしていたので、今年は子供と一緒に飾り付けなどを楽しみながらの手作りケーキになりました。
(僕は食べる係ですけども:苦笑)


形はともかく、やっぱり手作りっていいですよね。
料理だけじゃありません。
手作りのもの。
例えば、時計、バッグ、オーダースーツ、オーダーシューズ、家具、食器、などなど、その道の職人さんがつくる味のあるモノ、1点モノと言われるようなアイテムはやっぱり最高ですよね。
僕も願わくはいつかはそんな憧れの逸品を手に入れてみたいと思っています。
ものすごく進んでいる建築資材の世界でも、ハンドメイドのアイテムってまだまだあります。
マテリアルワールドのアイテムで言うなら、
『シエナスタイル』
『サンタフェクラシック』
『TOKYOジャケット』
『トスカーナウェイ』
・・・
???

そうなんです、感のイイ方ならお気づきだと思いますが、マテリアルワールドの扱うアイテムの多くはそうした“人の手作業”を介してつくられているモノが中心です。
『TOKYOジャケット』のように、出来あがってしまえばその高い加工精度からそれが手作業によるものとは分からないようなモノから、『シエナスタイル』のように、叩いた鉄やアルミの表面の風合いは、厳密には1つとして同じものにはならないモノまで、様々です。

シート毎のつなぎ目が全く目立たないというユニークなスタイルが特徴の『トスカーナウェイ』も1つ1つ小さな石を手作業で丁寧にシート状に並べているのです。

工業化、機械化、合理化、効率化、そんな世の中の仕組みがどんどんと進歩して、便利になればなるほどに、一方で、自然のもの、天然のもの、人の手によってつくられたもの、そんなものに僕は益々魅力を感じてしまうのです。
人によっては、それを“へそ曲がり”とか、“アマノジャク”とも言いますが、どうやら僕はそうみたいです。(笑)
今日はクリスマスイブ。
みなさんのところにも、大切な人から、人の手の温もりが感じられるような素敵なプレゼントが届くといいですね。
I wish your wonderful Christmas time.
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください