ストーリーを大切にしています。

いつもアクセスありがとうございます!
「ブログ」の正確な定義って良くわからないのですが、
僕の書く文章はいつも長文で、『建築資材宝探し日記』といいながら、テーマもバラバラ…。
なんだか、これブログじゃないかも?と最近不安を感じつつも、今日も長文の予感…。(笑)
さて、今日はロゴについてです。
みなさんの会社や学校にもロゴマークやサイン、社章、校章ってあると思います。
それはどんなものですか?
形、色、デザイン、それらの表現に込められた意味、背景、ストーリーなどを知っていますか?
マテリアルワールドにもお気に入りのロゴマークがあります。
時々、僕の名刺のロゴを見て、ロゴについて質問して下さる方もいるので、今日はまずそのストーリーをご紹介したいと思います。

これがマテリアルワールドのロゴ、フラッグバージョンです。
普段、簡略化したものをメインに使っていますが、こちらが正式。
『わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。』
というブランドスローガンを掲げて、世界中から楽しい資材を探してくる、あるいはつくり出すということをしているのですが、「トレジャーハンター」として世界中を旅し、キラリと輝く宝もの(建築資材)を追い求める姿を表しています。
その世界観は、いにしえのマルコポーロにイメージを重ねて、ブランド全体が一つの「共和国」であるかのように、マテリアルワールドのナショナルフラッグとして表現しているのです。
そして、
もうひとつ。
株式会社TIME&GARDENとして、会社のロゴマークもあります。

「千鳥格子」をベースに、ブリティッシュな世界観をイメージしたセンスの良さ、品の良さを表現しています。
建築業界にありがちな3Kとか、垢抜けないイメージとは全く違うという意思表示と、“ブリティッシュ”と意識しているのは、弱肉強食なアメリカンなイメージではなく、草食系のスタンスを大切にしたいという経営スタイルも表現したいからです。
こちらは3ヶ月毎、季節によってベースの色、文字の色が変更になるという楽しい仕掛け付き。
ちなみに、これは1〜3月のもの。
どっちのロゴもいいでしょ?
当然ですが、僕はとっても気に入っています。
みなさんにも、「へぇ、なるほどね〜」って思ってもらえたらうれしいです。
ロゴの持つ大切さや、あるべき姿を教えて下さり、マテリアルワールドとT&Gの素敵なロゴを一緒に考え、つくって下さったのは、みなさん良くご存じの『スターブランド』さんです。
改めて、村尾さん、ヨナガさんに感謝です。
小さな会社を経営されていたり、自営業の方などで「ロゴ」を持たずにお仕事をされている人もいると思うのですが、僕はロゴを持たれることをお勧めします。
会社だけじゃありません。
ご近所のつながりの草野球チームやフットサルチームなんかも、チーム名だけでなく、ロゴもあるといいと思います。
「ストーリー」を大切にして、それを表現したもの。
そして、そこに関わる人全員が、誰かにこうして話せるくらいに理解していると、きっとそこに参加する、所属する意識が変わるはずです。
その目指したい方向性や雰囲気に合致した新しい仲間も呼びやすくなると思います。
もしかしたら、個人だってロゴがあってもいいかも。
そんな風に感じています…。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください