印象的な服を着ることは、より良い人生につながる

今日は、マテリアルワールドのオフィスとしていつもお世話になっている『オープンオフィス』さんと公私に渡り様々なサポートをして頂いている『スターブランド』さんの主催するクリスマスパーティーでした。
クリスマスには少し早いですが、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。オープンオフィスのみなさん、スターブランドのみなさん、ありがとうございました!
関西地区から特別にサンタさんも来てくれて?!、また僕の大ファンである本のソムリエ『団長』さんを交えたトークショーや、『堀澤麻衣子』さんの鳥肌が立つほどの素晴らしい歌声など、あっという間の充実した時間でした。
沢山の新しい出会いもあり、みなさんに感謝です!
そんなパーティーで、とてもうれしいことがありました!

スターブランドの2008年のアワードとして、「おしゃれな社長」として表彰して頂いたのです。
みなさんそれぞれに素敵な方ばかりなので、とても光栄です。
恩師である村尾さんの日々のアドバイス、そしていつも勉強会や交流会でプラスのエネルギーや刺激を下さる素敵な仲間のおかげです。
本当にありがとうございます。
昔の僕を知る人ならご存知かと思いますが、
起業した頃の僕は、スーツにネクタイ。
「それなりに」おしゃれには気を使っていましたが、正直、ネクタイを外すのが怖かったです。
ビジネスマンとして、客先に営業に行くのにノーネクタイはないだろう、という勝手な思い込みがありました。
2年経った今、僕は今ほとんどネクタイをしていません。
2008年でネクタイをしたのは、倫理法人会に参加させてもらった時と、展示会でネクタイ着用が義務だった時、そして銀行の担当者と会った時くらいです。(笑)片手で数えられる日数です。
では、ネクタイをしなくなって実際に仕事にどんな影響があったか?
一言でいえば、総じてプラスのことばかりです。
今日のパーティーでお会いした方なら分かりますが、カジュアルなスタイルですが今日の僕のスタイルだっていつもの営業の帰りです。(ちなみに、ユニクロ、スーツファクトリーなどリーズナブルなアイテムオンリー!)
逆にいえば、あのままの僕だったら、今こうしている自分は居なかったかもしれません。
それくらいファッションの与える影響力は大きいと実感しています。
自分らしさをつらぬく団長のファッションに出会った時も「ああ、これでいいんだ!」と開眼させてもらえましたし(団長スミマセン!)、何よりも村尾さんからもらった言葉が僕を変えてくれました。
今日はいつも大切にしているこの言葉を、このブログを読んで下さっているみなさんにもプレゼントしたいと思います。

『印象的な服を着ることは、より良い人生につながる』
服飾デザイナー/ヴィヴィアン・ウエストウッド

僕は毎日このカードを眺めています。
そして今日、僕はまさにこの言葉の意味を実感したのです。
年末年始にかけておしゃれして出掛ける機会も多くなると思います。
そんなイベントの時はもちろんですが、2009年はぜひ“おしゃれ”しましょう!きっといいことあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください