百聞は一見にしかず ジョグジャカルタ編

Selamatsiang(スラマッ・スィアン)
こんにちは!
今日もジャカルタからの建築資材宝探し日記をお届けします。

昨日ジョクジャカルタへ移動し、終日工場訪問(5か所)とミーティング。
ジョグジャカルタに宿泊し、今日は半日だけ観光させてもらい、先ほどジャカルタへ戻りました。
やはり月並みですが、
コミュニケーションの基本はフェイスtoフェイスですね。
沢山の収穫がありました。
メールや電話がどんなに発達しても、実際に会わないとシェイクハンズもハグも出来ません。やはり来てよかったです。

トスカーナウェイはやっぱりいいなを実感。
マテリアルワールドの調達している「トスカーナウェイ」、我々日本だけでなく世界中に出荷されています。
特にヨーロッパの国々を中心に輸出され、製造元は優秀な輸出企業としてインドネシア政府からも表彰もされているんです。
ソーラーブリックもそうですが、まさに世界が認める本物品質なのです。
トスカーナウェイ以外にも、この工場では、石製品であればなんでも扱うと言っても過言ではなく、様々なユニーク商品を扱っています。
たとえば、石をくり抜いた洗面ボウル。

大きなものになると、浴槽サイズもあります!
そして、たとえば石碑。巨大なものも制作します。

なんかウィットがあってカワイイです。
その他、花器、お香の皿などといった小物から、一般的な建材としての石板など、アイテム数はバラエティー豊かにあります。
そうした石製品の専門工場であり、しっかりとした実績と体制があるので、マテリアルワールドも安心して取引をさせてもらっています。
ちょっとだけ自慢ですが、
コンテナ積載用の木製パレットの形状と強度が不適当だったものを、僕の設計で改善させ、今ではこの会社のスタンダードになっていたりします。
そんなこともあり、非常に良好な関係を保てています。
色々とこのブログでもご紹介した面白アイテムがあるのですが、沢山あり過ぎるので、それについてはまたの機会に。
明日帰国です。
工場のみなさん、色々とどうもありがとう!
(って、日本語読めないけど気持ちだけ:笑)
Jumpalagi(ジュンパ・ラギ)
さようなら
ここから先はおまけ編。
〜世界遺産 ボルブドゥール〜
移動時間の合間を使って、行ってきました世界遺産!
世界最大級の仏教遺跡。精巧な石の彫刻の多さとその規模に圧倒されます。
1000年以上もの間、密林深く灰に埋もれていたというのだからまさに謎だらけですが、とにかくスゴイ。
なんでもその彫刻に描かれたものがストーリーになっているそうです。
一体どんな設計図だったのかなと遥か古代に思いをはせてしまいます。
ここでは、ストゥーパ(仏塔)の中にある仏像のある部分に手が届くと、夢が叶うそうです。
僕も挑戦しましたが、たぶん、さわれたと思います!!


最後は
インドネシアからとっておきのユニークなB級情報!!!
今日ジャカルタに戻った際に空港で見つけたサイン。

Baggage Claim(バッゲージクライム)はご存じのように、預けた荷物が出てくるところですけども、ここで書かれている日本語はなんと、
「品物損害クラーム」!!!(笑)。
はじめから、荷物にトラブルがあるかもしれないからクレームをつける場所!?という前提のギャグでしょうか?(笑)
一応(失礼)、国際空港なんですけども。
遺跡も見て、面白いものも見つけて、まさに、今回は色んな意味で「宝探し」の旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください