44年4月生まれの44歳、400CCの社会貢献

今日の東京地方はぐっと冷え込んでます。
軽井沢など、雪が降っているところも!
先週は、大阪での展示会に参加させて頂いておりましたが、25度と初夏を思わせるほどの陽気で、最高の天候。
ちょうど、天満橋の造幣局の桜の通り抜けのタイミングでもあったので、夜はそちらも楽しませてもらいました。


4月は本当に気温差があるので、体調を崩さないようにしないとなりませんね。
展示会では、マテリアルワールドのリサイクルチーク材を使ったテキサスロックンウォールや、ローズウッドを用いたマンハッタンスクエアなど、新しい商品を中心に、沢山の方に見て頂きました。
昨今の住宅市場・エクステリア市場において、経年変化のする「木の無垢材」「天然石」はどうしても敬遠されがちです。
変化=クレームになってしまうからです。
当然、無垢材なら、色落ち、収縮、割れ、反り、灰汁、その他木材ならではの経年変化は起こり得ます。
石も、天然石だからこそ、色むら、柄違いがあり、年月とともに風化します。
それはいわば、本物である証でもあるのです。
いつ頃から、日本のみなさんは、手入れをしなくてもいいとされる新建材、“つくりもの”“人工物”に慣れすぎてしまったのでしょうか?
便利なアイテム、もちろん僕もその恩恵に預かっています。
でも、建築、そして建築資材を愛するものとして、なんだか、少し残念です…。
お手入れ次第で、本当に長持ちするのはどちらの材料か?
何十年後も色褪せず、魅力的なものになっているのはどちらか、それは歴史が証明していますよね。

テキサスロックンウォール

マンハッタンスクエア
さて、
このブログをアップしている4月20日は僕の44回目の誕生日。
今年も、小さな社会貢献活動、献血に行ってきました。
献血をされる方ならご存知かと思いますが、海外旅行などに行かれたら、4週間はあけないとなりません。
昨年は、この条件でNGだったのですが、今年はギリギリセーフ。
3回目のバースデー献血をしてきました。

波乱万丈の人生、でも今が最も充実しているような気がします。
まだまだ勉強も努力も全然足りていませんが、沢山のみなさんに支えられて、こうして今日を迎えることが出来ました。
本当にありがとうございます。
不器用ですが、自分に正直に、これからもまっすぐに生きていきたいと思っています。これからも、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください