熱いハートこそモノづくりの原点

先週末は一気に気温が下がりましたが、体調崩されている方はいませんでしょうか?
特別なお盆休みもなく、カレンダー通りだったマテリアルワールドですが、それでもずっとドタバタ状態が続いている最近です。
そんな中でも、仕事の合間を縫って、皇居ランをしたり、フットサルで熱い汗を流したりと体の方もバタバタ状態だったりします。
夏と言えば、出会いの夏だったりもしますが、今でもそれを感じることがあります。それは恋人うんぬんじゃなくて、あくまで仕事としての人の出会い。
なんとなく夏に出会いが多くありませんか?
他の業界のことはわかりませんが、仕事柄、沢山の人との出会いに恵まれている方ではないかと思います。
そのすべての出会いに意味があるはずと思って「一期一会」を大切にしています。
でも、正直に言うと、出会った方のすべての人とフィーリングや感性、あるいは目指している方向、仕事への取り組み姿勢など、合致するわけではありません。
僅かな時間であっても、同じ空間で言葉を交わしていれば、その人となりというのがある程度伝わってきます。
そういう沢山の出会いの中で、お付き合いしたい、応援したい、応援してほしい、一緒に何かやってみたい、そんな風に感じられる人というのは、間違いなく“自分”を持っていて、熱いハートがある人だと思います。
それがオーラのように熱気の湯気が出ているような人と、内に秘めた想いを持っている人とに分かれますが、そのどちらであれ、僕はそういう人の人間性にとても惹かれます。
7月に大阪で行われた展示会においても、そんな出会いがありました。
それが京都でエクステリアの設計・施工をされている『創志園』さんです。
展示会では、僅か10分程度だったと思うのですが、お話の中からとても熱いモノを感じたのが印象的でした。
その後、ご縁あってマダガスカルウッドストーンをご採用頂いたのですが、これがとっても素敵な空間になっているので、今日は頂いた写真をご紹介させて頂きます。










創志園さんは、社名にも熱い想いが表れていますが、仕事への姿勢として、いくつかその想いを表明されています。
お客様の笑顔が見たいの精神で作業をする
ご依頼頂いた仕事を心から楽しんで完成を目指す
常に探究心をもって生活する

これらは一部ですが、とても共感できるクレドです。
マテリアルワールドも見習うべき信条です。
照りつける炎天下の中でも、その背中から、お客様の笑顔のために、自らも楽しんで作業にあたられている様子が伝わってくるようです。

僕もよく熱いと言われる方ですが、モノづくりになんらかのかたちで携わる人間は経験値とかテクニック的なものよりも、熱い想い、情熱、ハートがないとダメだと思うのです。
全国にはそういう志のある小さな企業が沢山あるはずです。
でも、そうしたところと出会うチャンスは決して多くないのも事実だと思います。
ですからアンテナを巡らせておく必要があります。
僕も一人でも多くの志の共有・共感できる人とお仕事をさせて頂けるように、自らも精進したいと思います。
みなさんにも、みなさんの地域で、そんな方との素敵な出会いがありますように…。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Just For You 2011
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
他の誰でもない、あなたのために
心をこめて、マテリアルワールドから感動を届けます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください