ソーラーブリックの嫁ぎ先紹介

マテリアルワールドの2008年の一押しアイテム、ソーラーブリック!
しつこいようですが、この下半期もソーラーブリックは全開で行きます!
個人的に2008年、『IPhone』の次にブレイクしてほしい未来型の商品だと思っています。(笑)
昨日発売されたIPhone、このブログを読んでくださっているみなさんの中にもゲットされた方いるのでしょうか?
なんだかワクワクする!、楽しそう!、単純にそう思わせるだけの魅力が満載ですよね。鎖国状態の日本の携帯電話市場も間違いなく変わりそうです。
余談ですが、2年前、僕の居たカナダでは出来るビジネスマンの必須アイテムは「ブラックベリー」でした。日本ではほとんど知られていませんが、世界的には凄いシェアなんですよ。
僕は携帯電話はユーザー側の立場なので、とても気楽にこの状況を受け止められるのですが、業界の方はさぞかし大変なんだろうなとお察しします。
やっぱり「戦わない経営」って大切です。
さて、
話をソーラーブリックに戻して、今日も幾つか導入事例のご紹介です。
以前にご紹介しているものも含めて、ピックアップしました。


表札に応用した例です。白くハッキリと輝いています!
ご近所でも評判のようです。
こういうことが出来るのもマテリアルワールドのソーラーブリックならではなんですよ。



「ソーラーサーキットの家」を展開されている高砂建設さんモデルハウス。
同じソーラーエネルギーつながりで、相性もバッチリです。
最近導入してもらった後施工ですが、インターロッキングブロックにぴったりと納まっています。


ソーラーブリックの販売店さんである東和産業さん本社ビル前です。
これが太陽光を充電して、通線工事無しに点灯している画期的な照明器具だとは、ここを通る方には全く気がつかないほどにある意味普通に点灯しています。それくらい違和感がどこにも見当たりません。



埼玉日産桜木店さんに設置されている「SBH500」というTYPEです。
こういうちょっと意匠性のあるタイプもあり、商業施設などにはオススメです。
本当にまだまだ少しずつですが、お客様に恵まれて、ソーラーブリックをお使い頂けるユーザーさんが確実に増えていることを、そしてそのみなさんがとても喜んでもらっていることを、とてもうれしく思います。
僕はあくまでも世界中のいい商品、楽しい商品を紹介する立場でしかありませんが、気持は製造のメーカーの方と同じであり、自分の商品が嫁いだ先でちゃんと活躍しているのかとても気になります。
まだまだ海外製品というだけで拒否反応をされる方もいらっしゃいますが、自分の知らないの国、自分の知らない会社の商品であっても、「いいものはいい!」と受け入れられるオープンなマーケットをつくっていくのも、マテリアルワールドの役割だと思っています。
IPhoneといい、ソーラーブリックといい、日本のメーカーさん、負けていられませんよ!
次回、新商品の丸型について、詳しくお知らせします。
これもかなりイケてますので、お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください