重厚なハンドメイド

マテリアルワールドがお届けする鉄の芸術品と言えば、『シエナスタイル』。
ハンドメイドがつくり出す世界は、機械生産の画一的な表情には出せない“味”があります。
おいしいラーメン屋さんのつくるスープのような深い世界があると言ったら、イメージを持ってもらえるでしょうか?(笑)
これまでにも小さなものから大きなものまで取り組んできましたが、今回もかなり重厚なゲートを担当させてもらうことが出来ました。
今春竣工予定の三井不動産レジデンシャルの物件、
『パークコート学芸大学レーヴィス』です。
モデルルームオープンはこれからですが、今から完成も楽しみです。
まだ工事途中なのですが、ちょっとだけ先出しです。


シエナスタイルは全てがオリジナル制作ですが、剣先のパーツに至るまで、今回はハンドメイドでの加工をしています。
海外デザイナーのデザイン画をベースに、設計担当をされている三井住友建設のSさん、Aさんのご指導をもらいながら、幾度も変更検討を重ねて、また工場側ともアイデア交換をしながら辿り着いたものです。
特に、ひねりを利かせた剣先は、一番時間を使いました。
最初に設計をしたのが、2007年9月頃ですから、なんとも長い道のりでしたが、まもなく完成です。
そして今回は、ナブコシステムさんの電動ゲートとの組み合わせでもあり、ナブコシステムさんには本当に詳細な部分までお世話になりました。
ありがとうございました。
片側だけでも150?近い重量があるのですが、それが電動で開閉されることになります。
ここに住まう人が誇りに思えるような、パークコート学芸大学レーヴィスの象徴的なものとして、長く愛されることを期待しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Smile & Thanks 2009
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わたしたちマテリアルワールドは、
20年後も色褪せない世界中のユニークでオンリーワンな
一流建築資材を提供する会社です。
2015年までに20カ国、100アイテムの取扱いを
目指しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください