タウノトリとシエナスタイル

ブログ更新遅れてしまいました。
いつもチェックして下っているみなさん、ごめんなさいでした。
さて、
今日はマテリアルワールドからまたまたシエナスタイルのご紹介です。
またか!と言わず、どうぞお付き合い下さい。(笑)
西池袋に新しくオープン予定の美容室『TAU』。
絶滅が危惧されているトキ、昔はタウノトリと呼ばれていた時があるようです。そこから名付けたという店名には、いつまでも大切にしたいこと、ものがあるという想いが込められているそうです。
デザインをされたのは、マテリアルワールドの当初から大変お世話になっている「マーベル」さん。
美容室のデザインといえばマーベルさんというくらい都内中心に沢山の物件を手掛けられています。
最近では六本木ミッドタウンの人気スイーツ「Toshi Yoroizuka」を担当されています。(川島なおみさんとご結婚されるということで話題にもなりました)

オーナーさんがセレクトされた椅子が並びます。
床材はカリン。質感、グレード感は最高ランクの床材です。

アイアンで制作したフォトフレームを天井からつっています。
飾られている絵も素敵です。

通りに面した窓はすべて丸。そこにアイアンの面格子。

オリジナルデザインで制作したドア。
納品後、わざと質感を荒らすために「エイジング処理」をしていただいてます。
今回、飾りにはレーザーカット加工を用いて、TAUさんのロゴにある花をあしらったり、エントランスドアではガラスとの組み合わせがあったりと、初めてのことが沢山ありました。
ロートアイアンの対応力の広さと自由度の高さを改めて実感すると同時に、自由がゆえに仕上がりイメージのすり合わせがとても大切であるということも学びました。
デザインの完成度はまるでギャラリーのような雰囲気を醸し出しています。
お近くの方はぜひチェックして欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください